一日一日、一週間一週間がぞっとするほど早い!金曜ともなると、体力的に限界を感じるし、顔の疲れ方も半端ない。一週間、お疲れさまでした!でも遊びに行く元気はある。  金曜は仕事が終わった後、一緒にトレーニングを受けている子たちとアイリッシュパブへ。最初女の子4人(日本人2人、韓国人...

一日一日、一週間一週間がぞっとするほど早い!金曜ともなると、体力的に限界を感じるし、顔の疲れ方も半端ない。一週間、お疲れさまでした!でも遊びに行く元気はある。
 金曜は仕事が終わった後、一緒にトレーニングを受けている子たちとアイリッシュパブへ。最初女の子4人(日本人2人、韓国人、フィンランド人)で、ガールトーク。それから男性陣(デンマーク人2人、フィンランド人)が後から合流。ここでも自分の英語力の無さを痛感して、また落ち込む。落ち込んでばっかりだな。本当に泣きたいことだらけ。でも一日一日前に進んでいると信じたい
 彼らと会話していて、気がついたことがある。最近私の英語全然だめだなと落ち込むことが多くて、なんで今になって落ち込むんだろうなって考えていたら、たぶん最近北欧の人と話すことが多いからなんじゃないかという結論に。基本的に彼ら、人の話に真摯に耳を傾けるから、まずそれでなんだか緊張してしまうということがまず一点。二点目は誰も人の会話を邪魔しないというか、人の話に自分の会話をかぶせて話さないので、自分が言おうと思っていることは最初から最後まで話す必要がある。これがスペイン人やイタリア人だと会話のステージ10のうち7まで話したところで彼らが話し出すから、極端に言えばステージ9、10は人任せ的な会話でも成り立つ。でもスカンディーたちは人の話に会話をかぶせないので、1から10まできちんと説明する必要がある。私の話し方は9、10のステージをあまり考えないまま話し出してしまうので、ステージ7あたりでちょっとしたパニックになってしまうということなのだと思う。さらには英語力が無いということにプラスして、私はどうでもいいことをよく口に出してしまうので、彼らにとったらどう反応していいのかわからない、という感じなんだと思う。なんだか大きな収穫をしたような、してないような。ちなみにドイツ以北のユーロピアンは、出会い頭や別れ際、スペイン人やフランス人がやるようなハグやほっぺにキスはおろか握手もほとんどしないんだそう。デンマークでそんなことしたら、むしろパッションを感じると言っていた。
12時くらいに解散して、スペイン人の友達とアレックス(アレキサンダープラッツのこと)で待ち合わせして、違うスペイン人の女の子のホームパーティーへ。スペイン人の男友達の冗談のセンスがまったく理解出来ず、逆に励まされるというか安心した。ダヴィ、スペイン人に慣れている私でさえ、どう反応していいのかわからなかったよ・・・ごめん。でも、私は今後も南ヨーロッパ寄りにスペイン人と共に生きていくよ・・・。
レティ(スペイン人の子)に3週間ぶりに会ったら、「めっちゃ会いたかったよー!」と言ってくれて、やっぱりハグから始まってハグで終わった。なんて安心する人種なんだろう、スペイン人って。

How fast time flies! When Friday comes, I am so tired and my face looks so terrible, especially after working. But I’m still alive! Survive this week! So..I need to go out to grab a bottle of beer! Because it’s Friday! Why not?
 I went to Irish pub near by office after working with my training team member. At beginning we girls were talking like “girl talk” and then guys came down and made a toast once again to cerebrate to survive this week. I was disappointed by my English again. These days I totally lost confidence of English. But I want to believe I go forward little by little.
 I found something new when I talked with Scandinavian people. As I wrote several times, I’ve been disappointed of me these days and I’ve been thinking why it happened to me now. I had a lot of opportunity to realize my English is bad. But unfortunately I didn’t until now. I think it happened because I have lots of opportunities to talk with Scandinavians these days. I’ll explain.
They basically listen to others so carefully. I think this is first reason. I don’t know why but it makes me nervous. Secondly, they hardly interrupt others on conversations. When someone is talking, they listen and they don’t start to explain their opinions. When it finished, they tend to start to explain. So, when I want to start to explain something, I need finish my story by my self. If I talk with Spanish or Italian, I don’t need to finish my story because someone would help me or cut in on the middle of my explanation. To put in an extreme way, I don’t need to prepare the conclusion of my explanation. They would say something. But Scandinavians. They don’t. So I need to prepare conclusion before starting a conversation. I turn into kind of panic during a conversation since I always start conversation without thinking anything or any conclusion. Basically my English is not that good, plus what I talk is basically nothing. So I think they don’t know how react to what I say.  Culture difference. It might be. But I don’t want to make excuse..
 They don’t hug or kiss on the cheek when they meet or say bye to someone like Spanish, Italian and French. They hardly shake their hands. They said they would feel uncomfortable or passion if someone gives them kisses on their cheeks in Denmark. As you know, Spanish do as usual. Japanese don’t but I do. 

I caught a train around midnight and meet up with a Spanish friend to go to another Spanish girl’s house. On the way to her house, Spanish friend made some jokes but I didn’t get it at all. Sorry David, I had no idea how should I have reacted although I thought I got used to Spanish humor. Lo siento! But it made me release or even cheer up.
We met up with Leti and she said “I missed you a lot!”and gave me a big big hug. Yeah, this is it. I felt so comfortable in this way. I must have been Spanish in my previous life.

ドイツ人のことそして愛について(11月27日) 大好きな11月が終わろうとしている。11月はパリから始まり、新しい仕事でいろんな人に会ったり、落ち込んだり、悲喜交々な月だった。落ち込むことが多い月だったけれど、充実していたし、楽しかったし、毎日ベルリンの象徴のテレビ塔を見...

ドイツ人のことそして愛について(11月27日)

大好きな11月が終わろうとしている。11月はパリから始まり、新しい仕事でいろんな人に会ったり、落ち込んだり、悲喜交々な月だった。落ち込むことが多い月だったけれど、充実していたし、楽しかったし、毎日ベルリンの象徴のテレビ塔を見ながら働けているし、やっぱりベルリンにいることができて幸せ!

せっかくドイツに住んでいるから、少しくらいドイツ人のことを。
今日仕事で世界中のクライアントに電話したら、だいたいは問題なかったんだけど、2件ドイツ国内に電話しないといけない件があって、電話したの。そしたら、2件とも「いやー君の言っていることがわからない」みたいな反応をされた。確かに私の英語はひどいけど、もうちょっと言い方ってものがあるだろう、と思った。そう言えば、同じドイツ語圏でもドイツ人とオーストリア人には結構差があって、かなり直接的物の言い方をするドイツ人に対して、オーストリア人は争いを避けるために、間接的表現を好むって聞いたことがある。その差か?くそう、英語もっと上手にならなくては。
でもさ、こういう言い方、ベルリーナーたちはしないと思うんだよね。ベルリーナーを美化しすぎ?ちなみに電話先はハンブルクだったんだけど、こういう小さなところの隔たりってすごく大きい気がする。ちなみにハンブルクはデンマークに近い港街で、すごく美しいとは聞くけれど、物価がドイツで一番高いし、人々もスノッビーだとも聞く。くそう、貧乏人だと思って馬鹿にしやがって!(してない、してない)

仕事が終わって帰り際、ちょっと前めちゃくちゃタイプのドイツ人と言っていた人に、「公的機関に行かないといけないんだけど、ドイツ語話せないから、これドイツ語に翻訳してくれる?」とお願いをしたら、パソコンでかちゃかちゃやりだしたと思ったら、15分後にはオフィシャルドキュメントか!?というくらいパーフェクトなドキュメントの作成してくれて、「できたよ。はい、ここにサインして!」と言われる。サ、サイン!?さすが、書類の国、ドイツ・・・。ベルリーナーは他の都市のドイツ人とはまったく違うと思うけど、やっぱりドイツ人はドイツ人なんだね・・・。脱帽。






最後にはなるけど、先日近所を歩いていたら、このようなものが。これなんだと思う?
そう、クリスマスのリース!いやいや、門松じゃないんだからと突っ込みたくなるリースだよね。いくらドイツ人に美的感覚があまり備わっていないからとは言え、さすがにこれはねー。なんかさ、ほんと、ちょっと残念な国だよね、ドイツって。
でもね、そこが愛しい。もっと若い頃は残念なところがあったら、ただ引き算していたけど、最近は残念なところこそ愛しく思える。

・・・・愛じゃない?



About Germans and love (27/11/2013)

My favorite sweet November is going over. I went to Paris at the beginning of this month, started new job, met a lot of new people…Sometime I was really disappointed by myself but yes, it was very very impressive month. Especially I work with view of the Berliner TV tower. It’s a big advantage for me. I feel Berlin everyday. I am extremely happy.

Well, let me talk about Germans today because I live in GERMANY, not only in BERLIN.
I made lots of phone calls to clients all over the world today. To France, Finland, UK, Sweden, Thailand, Philippines and Japan…I didn’t have any problem with them but…let me say that to make phone call to Germans was exceptions. I made 2 phone calls to German clients and then they said to me “I don’t understand what you’re talking about”. Well, my English is far from perfect and I have a Japanese ( Aussie) accent. But I’m wondering if they could ask me in much better way.
I’ve heard that Germans express their feeling directly. On the other hand, Austrians who speak same language as German speak indirectly  in order to avoid having conflicts. Did this culture difference make this behavior of them? Oh Shiße( It means “Shit”in German) , I need improve and correct my English.
I think the Berliner wouldn’t say such a thing.  Do I romanticize Berliners too much? I called to Hamburg today but I reckon this tiny thing would become a big difference. For your information, Hamburg is located near Denmark. It is very beautiful and it is the richest city in Germany, (And Berlin is one of the poorest cities in Germany although it is capital of Germany. ) and also people who live there are snobby. That’s what I’ve heard about Hamburg. I’ve never been there though.

Here is another German story.
I asked one of my colleagues to translate English into German. He is German and also Berliner. I needed to go to a kind of public office and I’m sure they don’t speak English. That’s why I needed his help. As soon as I asked him, He started to write in computer and after 15minuts he completed perfect letter like an official document. “Here you go! I need your signature right here! ”. What?? Signature ???!! I didn’t mean him to make such a great letter. That’s why I brought a piece of paper to take memo…Well, but yes, I know how Germans works now.  I’ve realized that Berliner is Berliner but also German. Welcome to Germany, a document country!
 
This is the last story about Germans. I was walking in the street near by Karl Marx Straße. I found something(look at the above picture). Guess what it is?
This is Christmas wreath. Oh Germans! I’m sorry but I can’t understand this aesthetic sense…I could say Berlin is not Paris where everything are polished.

Sometime I feel German would be much nicer if they were more flexible, acceptable. But they live with their own way. They cannot change anything.
But this is German way and I love this way recently. I mean, not aesthetic sense but characters of Germans that someone might complain against. When I was much younger, I used to subtract someone’s evaluation when a man did a wrong or just unpleasant thing. But now. When someone does wrong thing or unpleasant thing, I can be acceptable for him. No one can accept him but me. Now I feel little bit same to the Germans.

Let me call it LOVE, shall I? 

先日自分で決意したように、今日からきちんと机についてお勉強。 5時半に仕事を終えて、ダッシュで帰って6時半には家について、ご飯作って食べ終わったのが7時半。トイレットペーパーが切れていることに気がつきスーパーへ行ったら、なんだかんだ8時過ぎ。洗濯しながら、辞書を引き引き、ブログ...

先日自分で決意したように、今日からきちんと机についてお勉強。
5時半に仕事を終えて、ダッシュで帰って6時半には家について、ご飯作って食べ終わったのが7時半。トイレットペーパーが切れていることに気がつきスーパーへ行ったら、なんだかんだ8時過ぎ。洗濯しながら、辞書を引き引き、ブログを英訳する。辞書は引かなくていいと言えば引かなくていいのだけれど、それだと自分が知っている単語で文を作ってしまって勉強にならないし、単語力をつける目的ではなく、文法の強制のためにも辞書はやはり必要だ。それからそれがひと段落したら、マグリット・デュラスのインタヴューをまとめた本を読む。今ままでは電車の中で読んだり、お風呂で流し読みしたりしてたけど、それだとこれまたわからない単語を調べないので、高校生のように知らない単語には記しをつけて、いちいち意味と用法を調べて、ノートに記録して・・・という方法に戻してみた。やっぱりこれが一番自分にしっくり来るな。慣れなんだろうか。でも長く続くかは疑問。持論としては、続けられない方法はすぐにやめるべきだと思う。長く続けられる方法を自分で見つけることが大切だと思う。本来はそのスタンスだけど、私の場合はもう苦痛を伴う勉強方法でない限り、伸びない気がするので、この方法に戻しました。
 映画も大量に借りてきたので、観たいのは山々だけど、この文章もまた英訳する予定だから、今日は無理だな・・・。あぁ、時間が足りない。

As I decided yesterday, I studied English tonight like high school student toward desk.
I finished my work at 5:30, came back directly home at 6:30, cook and finished eat till 7:30. Realized toilet paper run out, I went to super market to buy it. I finally came back home at 8:00. I translated my blog written the other day into English listening to noisy laundry machine. Dictionary is convenient. Thank you Mr. someone for creating electronic one. I use it all the time I translate my blog into English. Otherwise I only use words I already know. It’s important to make conversation to replace words what I know instead of what I don’t know. But it’s not helpful to improve my English. The purpose to use dictionary is not only to learn new words but also correct grammar. After finish it, I read a book collected Magrid Duras’s interviews. I always read it in trains or in bath time with relax but it doesn’t help to improve my English. So I read, sometime marked words I don’t know, look into dictionary, and noted like we did when we were high school student to pass exam. It sounds bit hard and even strict but this looks best way for me. I have been away from this way but I just dig out and discovered from inside of me. I think I got used to do it. But I’m wonder if I can continue. In my opinion, you should stop when you realize it is a torture for you. As ancient people said, “Rome is not built in a day” .  I completely agree. But I think my English wouldn’t be improved as far as I study very hard and strict. Then I came back to this way.
I wanted to watch a movie but I feel sleepy… Oh, one day should be consisted of 36 hours. 24 hours is too short to do something.

最近自分の英語力に落ち込むことが多くて、明日会社行きたくないなー、映画でも観ようなんて思って映画を観はじめたら、映画の内容よりも英語がまったく聞き取れないってことにさらにへこんだ。さすがに危機感を感じて、お風呂で英語の本を音読しながら読んでたら、久々の熱いお風呂に貧血起こしてさん...

最近自分の英語力に落ち込むことが多くて、明日会社行きたくないなー、映画でも観ようなんて思って映画を観はじめたら、映画の内容よりも英語がまったく聞き取れないってことにさらにへこんだ。さすがに危機感を感じて、お風呂で英語の本を音読しながら読んでたら、久々の熱いお風呂に貧血起こしてさんざんなサンデイアフタヌーンだった。
 英語ってどうやったら上手になるんだろう。いや、わかっている。勉強するしかないんだ。前にまったく進まないと思いながらも歯を食いしばって進み続ける努力をするしかないのはわかっているんだ。ここで諦めたら、いつまでも壁が壊せないということもわかっている。
明日から、毎日映画観て、本読んで、ブログも英文でちゃんと書こう。後は発音強制もやんなきゃ。一日ってなんで24時間なんだろう。36時間あればいいのに!いや、それはそれでいやか・・・。
ちなみに、映画の感想は、マギー・ギレンホールの口紅の色かわいい!給料出たら買おう!以上!


These days I’ve been so disappointed by my own English. It’s sad to say that but let me say, I hate my English! Although I live in Germany, English is common language in my working environment. Training is provided in English, I need to talk with colleagues in English, and I need to speak with our clients in English. English, English, English and ENGLISH! 
I’ve been learning English for more than 17 years but you know, my English is far away from perfect, neither, not native English speaker level at all. It’s so shame. It makes me disappointed.
 Then I tried to watch movie to cheer myself up but I’ve just found that I didn’t understand what they were saying in this movie. It kept me disappointed again.
 I’ve made a decision, which is… I will watch movies in English every day, read books in English everyday and write my blogs in English every time! But I know those are not new to me because I’ve always tried to do so. I know it takes time to improve, especially to go up to much higher level from this level. But I have to do it… It’s not passion any more but it’s really needed. What should I call it? OBLIGATION.  Yeah, let me call it so.

Do you want to ask me about the movie?  Well, the lips which Maggie wears are so cute. I’ll buy it after my first salary!
That’s all!     

11月24日 あぁついに! ベルリンで一番大きい蚤の市、マウラーパーク(壁公園)がこの度、厳寒期の休業に入ってしまいました・・・。日曜日はほとんどのお店が閉まっているここベルリンでは、蚤の市だけが唯一の楽しみだったのに、今後春まで一体何を楽しみにして生きていけばいいの・・・。うぅ...

11月24日
あぁついに!
ベルリンで一番大きい蚤の市、マウラーパーク(壁公園)がこの度、厳寒期の休業に入ってしまいました・・・。日曜日はほとんどのお店が閉まっているここベルリンでは、蚤の市だけが唯一の楽しみだったのに、今後春まで一体何を楽しみにして生きていけばいいの・・・。うぅ。つらい冬の幕開けです。12月、1月、2月、3月。この4ヶ月、ひたすら耐え忍ぼうではないか。
フランス以北の欧州の人々は、厳寒期はひたすら家に閉じこもるらしく、そのため家でいかに快適に過ごすかに心を砕きます。なので、家に対する思いがそんじょそこらの日本人とは違う!壁の色も勝手に塗り替えていいし、釘で穴を開けたくらいで文句言う人たちなんて存在しないので、皆がんがん改造して自分の巣を作る。でも出て行く時は、壁も白く塗り直して、最初の状態に戻すのが約束なんだそう。でも次に入る人が、壁の色を気にいればそのままでオッケーらしい。
 私はここ10年引越しばかりの生活を送っているので、“自分の家”に対する思いが年々大きくなっている。「小さい夢だね!」とよく言われるけど、私の夢は『家具を買うこと』。スーツケース1個で移動を続ける旅人には叶えられない夢なのだ。自分の好きなものに囲まれて毎日を送れるってなんて素晴らしいことなのだろうといつも想像している。世界一周と家具を持つこと、私は家具を持つことの方が難しいと思っていた。一年後どこにいるかもわからないのに、家具なんて買えるはずがなかった。
 でも不思議なことに、ベルリンに来て、「私はここに一生住むかもしれないな」となんとなく思っている。だから、家具を買おうと心密かに計画中。それは私の夢の欠片の一部だ。すごくビューティフルでしょう?

Oh god!
One of the most biggest flea market, Mauer park( Mauer means “wall”in German) finally closed their business for winter season. I didn’t know that until I got there. I found that there were no shops opened but were disappointed like me. Damn! Oh, now I have no idea what should I do on Sundays in Germany. Any suggestions? Shops on the street normally close on Sunday as well. It means there is nothing to do except staying at home in boring winter! But actually I understand how difficult to spend the whole day in midwinter. It is a torture, I imagine. So, Bye for now till the spring comes! I’m gonna miss you!

People who live in northern part of Europe tend to stay at home in midwinter. Therefore they make effort to spend their time comfortably at their home. That makes huge difference for house between northern European and Japanese. Rules for rental house may be difference as well. They can paint walls as they like. They renovate their house by themselves. No one care if they make small hole. That would be happened on there way to make there own nest. It’s okay unless they break something. They need to re paint wall to white as it originally is when they leave the house. But it would be no problem if someone new would like it. It’s easy rule, isn’t it?

Dream of my own house is getting bigger and bigger these days. Because I moved lots of times, house to house, city to city and country to country in these 10 years. It might sound great for someone but it means I cannot live surrounded by stuff I love. I don’t complain because I’ve chosen this life by myself. On the other hand, it is true that this moving life like Gypsy makes me dream of settling down somewhere. I know it is very very tiny dream but my dream is to have furniture.  It is much difficult to have furniture than traveling all over the world for me. If it’s not for someone but yes, it is for me. Travelers who keep their voyage with a suitcase cannot allow dreaming such a thing. I just always imagine how beautiful to live surrounded by stuff I Love. I had a no idea where I would be after one year when I was in Tokyo, Madrid, Melbourne and Singapore.
 But Berlin, I don’t know why but I feel that I might live in Berlin until the end. What do you reckon this end meaning? I do not know, either. I’m not sure but just feel it so. So…I’m planning to have some furniture here. It is peaces of my dreams. Beautiful, isn’t it?
 

11月23日の日記 今日はお昼に起きて、Wifiを求め近所のカフェへ。Neukölln(ノイケルン)の好きなところは、おしゃれなカフェがとてもたくさんあること。家でパソコンが出来ないって不便ではあるけれど、カフェでゆっくりカフェオレを飲んだり、店員と話したり、そういうことが出...

11月23日の日記

今日はお昼に起きて、Wifiを求め近所のカフェへ。Neukölln(ノイケルン)の好きなところは、おしゃれなカフェがとてもたくさんあること。家でパソコンが出来ないって不便ではあるけれど、カフェでゆっくりカフェオレを飲んだり、店員と話したり、そういうことが出来るから、この不便さも悪くはない。
 昨日行ったカフェはとてもくつろげるカフェで、私がいく時間はあんまり人がいないから店員さんも退屈していたのかめちゃくちゃ話してくれて、楽しかった。前回行った時に、「このカップかわいいね!どこで買ったのか教えて!」と尋ねたことを覚えてくれいて、蚤の市やアンティークショップのこと、旅行のことやベルリンのこと、ドイツのこと、それから日本での生活などについてまったりと話し込む。「私、オーストラリアに行ってみたいんだよねー!」と彼女が言うから、「私、去年までメルボルンに住んでたんだよー!」と教えると、目をきらきらさせて「いいなぁ!」と言ってくれて、なんだかその反応をとても嬉しく思った。こういう風に旅行に行けない旅行好きのために、私は文章で世界の素晴らしさを伝えていけたらいいな、と思った。世界中を旅することを夢見る旅行したことない旅行好き、いいではないか。私は、本物の旅人と同じく、そういう人も大好きだ。彼女は生粋のベルリーナーらしいから、分断時代のこともいつか聞いてみたいな。
 夜はイタリア人の友達と日本食料理屋さんへ。その名もHAKATA。九州っ子ならなんとも行きたくなる名前ではないか。私は、お肉は食べないけどお魚を食べるヴェジタリアンだから日本食はまだまだ問題ないけど、彼はお魚を食べないから地味な手巻きを食べていた。ドイツって本当にヴェジタリアンが多い。ヴェジタリアンじゃないけど、お肉はなるべく食べないって人も多い。前述のカフェの店員も今は子育て中だから子供に食べさせる目的で自分も食べているけど、子供がある程度大きくなったらまたヴェジ生活に戻したいと言っていた。会社の食堂も必ずヴェジタリアン用の食事が設けられている。ヴェジタリアンにはとてもフレンドリーな国、ドイツ。
 ちなみにイタリア人の彼、なんと仏教徒なんだそう。仏教が一番自分のメンタリティに近いことに気がついて10年前に改宗したそうな。彼が「仏教はとてもピースフルな宗教だ。仏教徒のテロリストなんて聞いたことがない!」と言っていたことがとても印象的だった。まー、仏教はピースフルなことは間違いないけど、腐敗した仏教があるのも事実だからね・・・。うちに近所のお寺のお布施ふんだくり事件について、今度彼に教えてあげることにしよう。

I woke up at almost midday yesterday and then went to cafe around my place to connect wifi. I love Neukölln because there are lots of cozy and lovely cafes in this area. It is inconvenient not to have wifi in my house. On the other hand, that makes me go to such a cafe. Relax, drink a cup of cafe late and talk with waitress or waiter. It doesn’t sound bad, does it? I love this inconvenience.
 Especially the cafe where I went yesterday was very nice and there were no customer except me. So stuff and me were friendly chatting a lot. It was very fun. She still remembered what we were talking last time and also we talked about flea market, antique shop, travel, Berlin, Germany and Japan. She told me that she would like to go to Australia and then I told her that I lived in Melbourne last year! She envied me but I realized her eyes were very blight. This reaction made me happy. I just thought that i wish I wrote my blog for such a people who loves travel but cannot go anywhere for a reason. I love such a people who cannot go but dreams to go as well as true travelers. It is totally same. People could be a traveler wherever and whatever they are.
 I’d like to ask some questions about Berlin as she is Berliner.

 At night, I wend to Japanese restaurant names HAKATA with one of my Italian friends. I don’t eat any meat but I eat fishes. So I don’t have a big problem in Japanese restaurant but my friend is vegetarian which doesn’t eat fishes, either. But he managed to eat some of Sushi. In Germany, there are many vegetarian whether German or not. I’ve found lots of people are not exactly vegetarian but they avoid to eat meat as long as they can. My company provide two types of meal for lunch. One is for person who eat meat and another one is for vegetarian. Germany is very friendly for vegetarian.

My Italian friend is a Buddhist, by the way. He told me that he changed his religion ten years ago because he found his mentality was much closer to Buddhist than Cristian. It was impressive to hear from him that no Buddhist terrorist in the world and Buddhist is one of the most peaceful religion.
Well, I could say that Buddhist are so peaceful but there are lots of corrupt Buddhists. It’s true. I’ll tell him so next time. 

スカンディナヴィア。それはなんと美しい響きの土地だろう。厳しい自然、切々と降り続ける雪、それを耐え忍ぶ美しい人々、短い春の太陽の光の下咲き乱れる花々・・・ が、私はスカンディーたちがちょっぴり苦手だった(注: “ スカンディナビアン ” の定義は、国によっては異なる。今回...

スカンディナヴィア。それはなんと美しい響きの土地だろう。厳しい自然、切々と降り続ける雪、それを耐え忍ぶ美しい人々、短い春の太陽の光の下咲き乱れる花々・・・

が、私はスカンディーたちがちょっぴり苦手だった(注:スカンディナビアンの定義は、国によっては異なる。今回はデンマーク、ノルウェイ、スウェーデン、フィンランドの国々のことを指す。場合によっては、アイスランドも入れることもある)。

苦手と言ったら御幣があるかもしれないが、正直に言ってどう接していいのかわからなかった。日本人が想像する欧米人って、「自分の意見ははっきり言う自己主張型、ノーとはっきり言う、気を使わない、陽気、フレンドリー」の例に挙げられるような人たちのことだと思う。誤解を恐れずに言うならば、たぶんこれはアメリカ人のステレオタイプだと思う。

 もちろん、人によるけれど、スカンディナヴィアンたちは総じて先ほど挙げた例の対極にいる。初めて出会った人と気安く仲良くなったりしないし、口数も少ないし、自己主張もあまりないし、人の話をよく聞いている。そして日本人の私がびっくりするほど、気を遣う。人に気を使うあまりノーと言えないフィンランド人には正直驚いたものだ。困っている人を見たら頼まれてなくても助けるし、常に笑顔で受け答え。そして真面目なのだ。

が、日本人みたいに人と一定の距離を取るので、慣れるまでに時間がかかる。ドイツ人やイギリス人よりももっと人との距離が遠い。よって、話はいまいち盛り上がらない・・・という人たちが多いような気がする。少なくとも、私が出会ったスカンディナヴィアンたちはそうだった。日本人にも日本人らしくない人たちがいるように、スカンディーたちの中にも例外はあるだろう。そもそも、スカンディーとまとめているけれど、一つ一つの国で全然違うだろうし、ノルウェイ人には会ったことがない(ノルウェイってなんだか、謎に包まれているよね?そう思うのは私だけでしょうか?)

私が彼らをちょっぴり苦手と思うのは、私も人との距離が遠い国・日本の出身なので、お互いにそういう国の出身であると、なんだか途方に暮れてしまう気がするということなのだと思う。自分の気持ちを人事のように分析してみると、相手がオープンな感じで来てくれたらこちらもオープンになれる、という感じなのだろう。でも一度仲良くなり始めると、すごく暖かい心を持ってる人たちだと気がつく。人との接し方は人それぞれ、そして国によって違うんだな。
やはり日照時間がドイツ以上に短く、一年の大半が雪で覆われる国に住んでいると、そりゃスペイン人とかイタリア人みたいにはならないよね・・・。それに充実した社会福祉も、「耐え忍ぶ」ということが人生の優先事項である彼らからしたら充実させない理由はない、という感じなのだろう。

北欧が「耐え忍ぶ」ならば、南欧は「謳歌する」というところか。いや、それはあまりにステレオタイプすぎるか。

 外国にいると「日本人の特性」を捨てた方が生きやすい気がしていたけど、もしかしたら、「実は捨てないほうがいいのかも」ということがある気がしてきた。

スカンディーたちとの出会いは最近自分がとてももがいていることにヒントをくれる気がする。

SCANDINAVIA!  How beautiful it sounds.

Perfect welfare, high standard education, Severe but beautiful nature, Snow, short summer and useful IKEA…

To be the honest, it was bit difficult to communicate with Scandinavian people for me. (* Definition of Scandinavian is slightly different by each country. I call Denmark, Norway, Sweden and Finland as Scandinavian country. Iceland might be called as Scandinavian country on the situation.) I think many Japanese people imagine that “Western people”  always insist their opinion, say NO directly if they don’t like, don’t pay attention to others, are hilarious and friendly. These people would be American who Japanese people imagine.

 I suppose that it depends on people but generally speaking, Scandinavian people are very opposite of the previous examples. They hardly open their mind to someone new to them, they are not so talkative, they don’t insist themselves that much, they listen to someone’s talk very carefully without any interruption. And they take care of others very much. They try to help others in trouble although they are not asked to help. They are almost all the time smiley and very honest and reliable.

 What made me feel bit hard to communication with them is their distance to others, I think. They are very very nice, I could say, but they keep bit certain distance from others. Their distance is similar to us, Japanese. We keep certain distance to others as well as Scandinavian people. That’s why it takes time to get used to them or to be a good friend.

 I know few Scandinavian and it can’t be generalized but I just feel in this way. There would be exceptions for Scandinavian people such as there are a lot of Japanese people who don’t look like Japanese. In addition, I just put same category as Scandinavia but each county has their own culture for sure. To tell the truth, I’ve never met a Norwegian in my life. Therefore I don’t have many information or knowledge about them. They keep mysterious for me.

I have felt that it’s sometime difficult to live in Western countries with Japanese way because it is totally different. I felt that it might be easy to through it away. But I might find a way somehow. There might be a way that I don’t need to through away my culture.

I feel I’ve just found a clue to survive in Germany more easily thanks to Scandinavian people. 
 

ベルリンに来て驚くことはたくさんあるが、その一つがベルリンに住むイスラエル人の多さだった。日本、韓国、アメリカ、そしてイスラエルの四カ国はドイツ政府がユーロ圏以外の最重要国として認定しているため(その他の国は忘れた)、労働ビザも降りやすいことも関係していると思うが...





ベルリンに来て驚くことはたくさんあるが、その一つがベルリンに住むイスラエル人の多さだった。日本、韓国、アメリカ、そしてイスラエルの四カ国はドイツ政府がユーロ圏以外の最重要国として認定しているため(その他の国は忘れた)、労働ビザも降りやすいことも関係していると思うが、ドイツ人とユダヤ人の過去を思えば、びっくりするような数なのだ。

 私自身はベルリンにイスラエル人の知り合いがいないので、ドイツへと来る経緯について尋ねてみたことはないが、そのうち出会う機会があると思う。ベルリンでは可能だ。ここはそういうところなのだ。この本を手に取ったのも、タフな彼らに出会う前に準備をしておけということなのかもしれない。

 この本はあのアウシュヴィッツ解放から、2001年のニューヨークのテロを挟み、2005年までのドイツ社会のユダヤ人、それからイスラエルについて書かれている。筆者自身もあとがきで書いていたが、アウシュヴィッツからの解放をもってドイツのユダヤ人に関する記録はほとんどない。実際私も、第二次世界大戦のユダヤ人迫害があまりに凄惨すぎて、その後のユダヤ人の生活に焦点を当てたことがほとんどなかった。そしてユダヤ人への迫害についても、目を背け続けていることも否めない。ベルリンに住んでいながら、ユダヤ人博物館にはまだ行っていない。いつか行かなくてはとは思ってはいるが、恐ろしくて行けていない。

この本には第二次世界大戦当時のことも記載しているので、ホロコーストのことを知る良い機会にもなった。ユダヤ人のための国・イスラエルが建国された後も殺人者の国・ドイツで生きることを選んだユダヤ人たちの葛藤についてはなかなか理解できないし、そもそも想像すら出来ない苦痛だったのだろうと思う。このドイツ人は自分の親を、自分の子供を殺したかもしれない。そう思いながらドイツで生きていくことはどれほど困難なことだっただろう。でもこの土地は愛しい人といつか見た景色が見れる唯一の場所でもあるのだ。それはイスラエルでもなく、後々多くの人が移住したアメリカでもなく、ドイツ、その国なのだ。

日本に比べればうまく戦後処理をやったドイツも、ことユダヤ人に対しては政策も感情も紆余曲折しながら現在に至っているようだ。戦後殺人者ドイツ人と距離を取り続けたホロコーストの生き残りであるユダヤ人世代とは異なり、ドイツ人と同じように育ったユダヤ人、それからベルリンで学んでいるイスラエル人がこれまでドイツ社会とどういう風に向き合ってきて、今後どうやっていくのかとても興味がある。そしてドイツ人も彼らとどう距離を取っていくのか。彼らの関係から日本も何かを学べればいいけれど。


11 月 11 日から新しい仕事を始めました。半年ほど気ままに暮らしていたので、朝がしんどいけど、久々の早起きも悪くはない。今日なんて、窓から美しい朝焼けが見えた。  初日は得てして緊張するものだけれど、一緒にトレーニングを受けるいい人たちそうで安心。でも、スカ...


1111日から新しい仕事を始めました。半年ほど気ままに暮らしていたので、朝がしんどいけど、久々の早起きも悪くはない。今日なんて、窓から美しい朝焼けが見えた。

 初日は得てして緊張するものだけれど、一緒にトレーニングを受けるいい人たちそうで安心。でも、スカンディナヴィアの国の人が多くて、どうやって接していいのかいまいちよくわからない。スカンディナヴィアの人たちって人との距離がイギリス人、ドイツ人以上に遠くない?でもとっても笑顔で接してくれるから、悪い気はしない(余談になるけれど、私はイタリア人とかスペイン人に会うととっても安心するというか、ホーム!という感じがする。)

 トレーニングのチームは、日本、デンマーク、フィンランド、香港、韓国、トルコで構成されている。4週間のトレーニングが終了後、また違うチームに所属することになる。イタリア、スペイン、インド、中国、ドイツ、フランス、イギリス、ポルトガル・・・とってもマルチカルチャーで初日からテンションあがった。トレーナーは、イタリア人、ロシア人、それからドイツ人の3人。そしてこのドイツ人というのが、めっちゃくちゃタイプだった。身長が高くて細身で、滝廉太郎みたいな眼鏡をかけている。ちょっとそのタイミングどうなの?ってところや、そのつっこみ、どうでもよくない?とか、いや、その冗談、あんまりおもしろくないけど・・・っていうドイツ人的柔軟性の無さがツボ!素敵。
最近、あんなに苦手だったドイツ人を愛せるようになってきたよ。慣れってすごい。アメリカンな英語のアクセントなのがちょっと気になるけど、そこは目をつぶる。

 そういうわけで、おしゃれにも気合が入るよね。姿勢も正しくなるし、歩き方も気を使う。うん、悪くない。

 昨日いろいろ話を聞いてたら、パーティーもたまにやったりしてるらしく、来週あるやつはガラパーティーでシリアの難民の子供たちの支援を目的にしているんだそう。会社にはリサイクル品ボックスが設けられている。会社がこういうことやってくれるって素晴らしい。

 それから、やっぱりドイツは労働環境が整っているなという印象。そして、やっぱりちょっとしたところでエコを感じる。なるべく紙は無駄にしない、とか、なるべく階段を使う、とかね。勉強になる。

 労働環境は文句なしにいいから、がんばらないと。日本人はちょっと勘違いしてるけど、外資の会社は成績がよくなかったらすぐに切られるからね。まだ日本には帰りたくないから、ベストを尽くすのみ!

New job
I started to work from 11.11. It’s bit hard to wake up and get out of bed in the morning because I was happy jobless for almost half year. But it should be okay. Not bad. I saw the beautiful sun set this morning through the window thanks to waking up early!
 I’m always nervous when I start something new, especially it comes to job. But I released when I saw my colleagues to be look nice. There are many Scandinavian on the training.  They are so nice! They are so peaceful and smiley. But I sometime feel that the Scandinavian people keep their distance to others very far. Don’t you think so? It made me bit nervous to talk with them. I mean, I’m looking for a comfortable distance when I talk with them. Otherwise I would misunderstand them.
 Training provides 4 weeks total. Training team consists of 2 Danes, 2 Fins as I mentioned, and Turkish, Hongkonese, Korean and Japanese. Team will be re arranged after 4 weeks training. I saw Italians, Spanish, Indians, Chinese, French, British, Brazilian and German…It’s so multi culture, isn’t it? It made me excited! Trainers are Italian, Russian and German. And…That German guy is really my man. He is tall, slim and he wears round frame glasses. I could say, he is so GERMAN although he is Berliner! (Wow, he can say the very famous sentence “Ich bin eine Berliner”said by J.F Kennedy.) His humor is very German which is bit difficult to laugh immediately. But I like him!
 To tell the truth, I didn’t like stereo type of German people. But I’m getting used to them and I like them these days. Thank you, Berlin!
 So …I try to be fashionable every day. I try to straighten up and pay attention to the way of walking. Not bad.

Many people came to training and explained about company. One of explanation was about employee’s party and the one which will be hold next Friday is gala party. Its purpose is to help children, especially children for Syria this time. They try to send used closes and food to them. It sounds so great, isn’t it?
I’m supposed to say that the working environment in Germany is quite good on my first impression. And of course Germany is Eco country. They mentioned not to waste paper nor use elevator so on.. I will learn lots of things here.
I don’t mean I come to Germany to work but I have to survive by myself. I am old enough to beg my parent money to send. I’ll do my best, I promise!















 

本日 11 月 9 日はドイツにとってとても重要な日だ。一つ目は今から 24 年前の 1989 年 、あの悪名高き“ベルリンの壁”が壊された日。そしてもう一つは今から 75 年前の 1938 年今日、ユダヤ人の商店の窓ガラスが割られ、ドイツにおけるユダヤ人の迫害が始まった日で...

本日119日はドイツにとってとても重要な日だ。一つ目は今から24年前の1989、あの悪名高き“ベルリンの壁”が壊された日。そしてもう一つは今から75年前の1938年今日、ユダヤ人の商店の窓ガラスが割られ、ドイツにおけるユダヤ人の迫害が始まった日でもある(窓ガラスが割られ、それがきらきらと輝いていたことから、ドイツではこの日は“水晶の夜”と呼ばれている。)ドイツを暗黒の時代へと突き動かすことになったきっかけの事件と、冷戦の象徴だった“ベルリンの壁”の崩壊が同じに起こったことはなんとも運命的だ。

ホロコーストやドイツにおける第二次世界大戦のことはまた別に書く機会があるだろう。ナチやユダヤ人迫害、そして第二次世界大戦のことは、今や光ある輝かしい未来へと突き進む“欧州の優等生・ドイツ”とは切っても切り離せないことなのは紛れもない事実だ。そして、その後に東西に引き裂かれた歴史も、ドイツにとっては“忘れてはいけない”歴史だ。

この日をベルリンにて迎えるに当たり、数冊の本を読んだ。激動の1989年、同じく社会主義国家だったハンガリー政府が西ドイツへの道を開き、ハンガリー経由で東ドイツの何十万という若者が西側に亡命したこと、ライプティヒでの反政府デモ、それから11月のベルリンでのデモ・・・、そしてベルリンの壁の崩壊。暴動などではなく、平和的に“革命”が成し遂げられたことは特記すべき点だろう。本と並行して、当時の様子を記録したドキュメンタリーも見た。壁によじ登る若者、ピースサイン、“自由の西側”を興味深そうに眺める東の人たち、再会を喜ぶ人たち、そして「この日、我々“ドイツ人”は地球上で最も幸福だ」という演説。その一秒一秒が、興奮と幸福に満ちている。

 でも実は、ドイツに来たことのない人やドイツ人とあまり接したことのない人の“ベルリンの壁”についての情報はここで終わりだ。

物語には続きがある。

今回私は敢えて当時書かれた本を読むようにした。24年という歳月が流れているものの、当時の彼らの熱狂をどうしても感じてみたいというのが意図だった。しかし、ベルリンで暮らしていると、ベルリンの壁がいかに人々の心の中に暗い影を落としていたのかよくわかる。当時、東西統一を涙ながらに喜んだ人たちも、統一後すぐに気がついた。西と東を隔てていたものは、壁だけではなかったことに。40年以上の歳月はお互いのメンタリティをあまりにも変えてしまっていた。

 24年の歳月が経った今でも、旧西側と旧東側の経済格差は0だとは言えない。街の雰囲気もやっぱり違うし、人の気持ちも完全に同じだとは言えないと聞く。

 現在、ベルリンは再開発の真っ只中だ。私は来たばかりで昔のベルリンを知らないからなんとも言えないが、長く住んでいる人は、「この数年でベルリンらしさが消えた。そして今後もベルリンらしさはどんどんと姿を消していくだろう」と言っている。ベルリンらしさ、それは東と西の文化が入り乱れていて、世界から少し取り残されたようなさみしい感じ、そしてどこかに、未来や自由への憧れを強烈に感じさせてくれるところ。

 再開発が進められたベルリンは今後名目共にドイツの首都そして光り輝く未来を手にいれるだろう。そしてその時に、ベルリーナーたちはやっと第二次世界大戦や冷戦、ベルリンの壁から解放されるのだろう。

 それはベルリンの魅力にとりつかれた旅人にはさみしいことであるが、仕方のないことなのだろう。流れて行く川のように、人も街もいつまでも同じところにはいられない。
私はいつまでこの街にいるかわからないけれど、世界のどこにいてもこの光と影のあるこのベルリンという街を、もう忘れることは出来ないだろう。

ベルリン、ノイケルンのカフェにて

2013119

10月の頭に姉がベルリンに来た時に、コートやら貼るホッカイロやらパックやら、いろんなものを持ってきてもらったのですが、その中におばあちゃんが若かりし頃に着ていた羽織があります。濃いターコイズブルー(ウグイス色と言った方がしっくり来るか?)で裏地は淡いピンク。いや、桃色と言...


10月の頭に姉がベルリンに来た時に、コートやら貼るホッカイロやらパックやら、いろんなものを持ってきてもらったのですが、その中におばあちゃんが若かりし頃に着ていた羽織があります。濃いターコイズブルー(ウグイス色と言った方がしっくり来るか?)で裏地は淡いピンク。いや、桃色と言いましょう。とてもきれいな羽織なのです。

祖母は数年前に他界してしまい、誰も袖を通さず、ただ朽ちて行くのを待つだけの運命ならば、と私が頂戴して、ナイトガウンとして使うことにしました。トレーナーとかスウェットだと、色気がないので(笑)


祖母は相当の着物好きだったらしく、素敵な着物がたくさん残っているので、状態が良いものは姉や母が着たりしているのですが、この羽織は損傷があり、もう普通には着られないので、それでも捨てるくらいならと譲り受けたのです。外国で着物風ガウン、ちょっと粋でしょう?先ほど洗濯をして、明日からガウンとして活躍してもらいます。
 こうやって生前の祖母のものに触れていると、彼女との思い出がいろいろと蘇ってきます。生きている間は、いつも彼女を「めんどくさいな」とばかり思っていたのに、不思議なものです。
 7年ほど前、姉と祖母の着物を物色しながら、「これ、かわいい!」ときゃあきゃあ言っていた私たちを嬉しそうに眺めていた彼女を思い出しました。戦前の着物や、結婚する前の着物も多いようで、一つ一つの着物に思い出があるようでした。「着物ばっかり買わないで、貯金しなさい!」みたいなことを母から言われていたけど、どうしても新しい着物が欲しかった、と祖母がぽつりと言ったことを覚えています。時代は違っても、若い女の子が考えることは一緒なのだな、と思ったものです。

最晩年は認知症で、私たち孫はおろか、息子である父さえ思い出せず、少女のような目をしていたことが印象的です。父を見て、「兄さん、南方から帰ってきたね!」と言ったらしいので、間違いなく少女の頃に戻っていたのでしょう。恐らくフィリピン辺りの南方に戦争に行っていた兄を近所の駅まで迎えに言った時のことを言っていたのだと思います。
 話は少し反れますが、去る5月に約2年ぶりに帰国して実家に帰った時、私はすごく不思議な感じがしていました。3年前に亡くなった祖母、それから4年前に死んだ愛犬のココアが近くにいるようなそんな感覚がずっとしていました。あまりに長い間帰ってなかったので、感覚が麻痺してしまって、祖母やココアがいた頃と勘違いしているだけというのが本当のところだとは思いますが、それでもやっぱり嬉しかったです。もしかしたら、久々に帰国した私に会いに来てくれたのかな、なんて思ったり。そう思う方が、幸せです。

 昔、母と「ココアはきっとおばあちゃんと一緒にいるだろうね」という話をしたことがあります。ファンタジーだと言って笑う人もいるかもしれないけれど、“その場所”にココアはあんまり知り合いがいないだろうから、祖母が近くにいてくれると安心です。おばあちゃん、最後までココアのこと、“コアラ”だと思ってたけど。いや、最後は父が子供の頃飼っていたらしい“ジョン”になっていたな。「ジョン!」と呼ばれたココアは、「え?僕、ジョンだっけ?」と言う顔をしながらも(私の勝手な見解)、大人しくジョン役をこなしていました。大義でした。
 思い出は消えない。それは本当です。その反面で薄れて行くことも、これまた真実です。この羽織がなければ、祖母との思い出は心のどこかに隠れてしまったままだったでしょう。着なくなった服や物をリサイクルに出すのもエコでいいと思うし、モノを簡単に手放したり、捨てたり出来るのも迷いがなくていいな、とも思うけれど、その分思い出が減ってしまうのはさみしいなともやっぱり思うのです。形あるものはいつか壊れてしまうけれど、その時まで大事に大事に使いたいと思います。

2009年オーストラリア製作。 “グッダイ、マイト!”のオージーアクセントが懐かしい。 何気なく借りてきた映画がオーストラリア製作のものだった。オーストラリアにいた時も映画は結構見ていたと思うけれど、なかなか“オーストラリア製の映画”って出会わなかった。まさか...


2009年オーストラリア製作。
“グッダイ、マイト!”のオージーアクセントが懐かしい。

何気なく借りてきた映画がオーストラリア製作のものだった。オーストラリアにいた時も映画は結構見ていたと思うけれど、なかなか“オーストラリア製の映画”って出会わなかった。まさかここに来てオージー映画に出会うとは。

 主演はHugo Weaving。キアヌ・リーヴス主演の『マトリックス』でエージェント役をこなしていた人だと思うの。この映画は字幕なしで観たから全部は聞き取れなかったけど(いつになったら、全部聞き取れるんだろうか・・・自分の英語力が結構ストレス)、ヒューゴ扮する主人公が10歳の子供と共に“何か”から逃げて、オーストラリアの広大な大地を盗んだ車で走り出す・・・というロードムービー。
 彼の映画ってあんまり観たことないけど、同じくオーストラリアの映画『The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert(邦題:プリシラ)』という映画で彼はゲイの役柄で、その映画の中でも彼はオーストラリアの大地を駆け抜けていた(私はその映画がとても好きだった)。私はある程度都会のメルボルンに住んでいたし、田舎よりも都会が好きな女なので、オーストラリアの田舎にはあんまり行っていないのだけれど、ちょっと踏み出していれば、こういう殺伐とした大地が広がっていたのだな、と思った。ちょっともったいなかったかな?
 でも私は大自然を目の前にすると、美しいっていうよりもちょっと怖いって気持ちの方が勝るので、やっぱり見なくてよかった。この映画にも果てしなく広がる荒野が出てくるけど、もう映画の中だけでも恐ろしく孤独な気持ちになる。都会の孤独も発狂しそうになるけど、田舎のそれもそれまた恐ろしい。私がこの子供だったら、絶対にトラウマになると思う。しかもろくでなしの父親との二人旅。この子は、この期間でその後一生消えない傷を負うのだろうな、と思うと身がすくむ思いだった。それとも、ろくでなしの父が見せた一瞬の優しさを思い出すんだろうか?最後の“I love you”という言葉を?そしてその後の銃声も。きっと憎んで、愛して、憎んで、また愛すんだろう。憎しみと愛情が同じところにある映画だった。

 設定は違うけど、『サラ-偽りの愛』という映画を思い出した。あの映画でも、「親とは一生逃れることの出来ない存在だ」と思ったものだ。きっと、憎しみと愛の分量はいつでも等しい。
これはシドニー発のロードムービー。
同性愛に寛容なオーストラリアでの苦悩を描くロードムービー。

今日やっと引越しました! え?なんでかって??あんなに頻繁に登場してた同居人に嫌気が差し、大喧嘩の末、「私、出て行くーー!!」と言って出て行くことにしたのです。てへ。人生、どう転ぶかわからないですね。喧嘩の理由はあまりにパーソナルなので、割愛。 7月の...



今日やっと引越しました!


え?なんでかって??あんなに頻繁に登場してた同居人に嫌気が差し、大喧嘩の末、「私、出て行くーー!!」と言って出て行くことにしたのです。てへ。人生、どう転ぶかわからないですね。喧嘩の理由はあまりにパーソナルなので、割愛。

7月の来独以降、ずっと旧東側に住んでいたのですが、この度ついにベルリンの壁を越えて、西側に辿り着きました。Neuköllnというエリアで、西側とは言っても、壁に限りなく近いですけども。東西分断時代は、壁にとても近かったのでドイツ人があまり住みたがらなかったため、労働力としてこの地にやってきたトルコ人たちが住み始めて、今ではベルリン1のトルコ人街になったとか。私が今まで住んでいたところとは明らかに雰囲気が違う場所なのです。今までは、「移民がたむろするちょっと危ないエリア」として捉えられていたみたいだけど、現在は若いアーティストたちがノイケルンに移り住み、今急速に発展しているエリアだそう。とってもエネルギーに溢れた街で、おしゃれなカフェもたくさんあるんです!来週、パリから帰って来たら、仕事が始まるまで開拓に励もう。

 引っ越す前に下の階に住んでいた生粋のベルリーナーのスザーナにさよならを言いに。彼女の旦那さんとうちの同居人が親友で、会うとよく話してたの。なんとなく雰囲気で、「彼女はうちの同居人のことが好きではなさそうだ」と思っていたもんで、彼女には引越しの理由を明かしてみた。そしたら案の定「うーん、彼と一緒に暮らしたり、近しい関係を維持するのは難しいよ・・・。よくわかるわ」と完全に私に同情してくれた。彼女も嫌な思いをしたことがあったのか、二人で彼についての話に花が咲く。でも最終的に、彼のああいう気難しい人格を作ったのは、家族の問題が一番で、それからもっと大きな問題として、ユーゴスラヴィアという複雑な民族構成で成り立っていた国の出身ということがあるんだろうね、って話になった。彼、家族がいないの。生まれてすぐの頃からね。このことについては、いろいろ考えることがあったんだけど、パーソナルになりすぎるから、書くのは控えます。ユーゴスラヴィアのことは書いていいかな。

 私、彼と話す時、彼がいつも人種とか国籍にこだわるのをとても不快に思っていた。彼は私を、私という一人の人間としてよりも、日本人、それからアジア人として見ていたと思う。彼に私の友達の話をすると、「ドイツ人」「アメリカ人」、旧ユーゴスラヴィア圏の人なら「セルビア人、クロアチア人、アルバニア人、それからムスリム」と必ず細かく国籍や人種を聞いてくる。彼がユーゴスラヴィアンということが関係しているのかな、それとも個人の問題かな、とわかりかねていたけど、スザーナが言うには、彼が生まれ育った場所はセルビアの中でも特に民族紛争が激しいところだったらしい。きっと物心ついた時から、人種で人を見てきてたんだろうな。根深い話だ。もちろん、「セルビア人がそういう民族だ」と言っているわけではなくて、「彼はこういう人間だ。そして彼の母国はセルビアで、こういう場所だ。そして彼はその影響が見られる」というだけの話ね。

 最終的には彼にうんざりして出ていくことになったけど、彼にインスパイヤーされたことは紛れもない事実だから、あそこに住んだことはとてもよかったと思っている。もう十分だけどね。さよなら、エコ生活!そしてウェルカムニューライフ!


最後に、今日手伝ってくれたスペイン人の友達のDavidにムチャグラシアス!やっぱり引越しには男手ね!片付けは、女性の手だけど!


久々に小説を読みました。最近本から遠ざかっていた。いけない、いけない。 実は金原ひとみちゃん、結構好きなんです。自分と同じ20歳の子が芥川賞を取った時の衝撃と言ったらなかったよね。でもあの頃は、『蛇にピアス』全然いいと思わなかった。数年前読み返し...


久々に小説を読みました。最近本から遠ざかっていた。いけない、いけない。

実は金原ひとみちゃん、結構好きなんです。自分と同じ20歳の子が芥川賞を取った時の衝撃と言ったらなかったよね。でもあの頃は、『蛇にピアス』全然いいと思わなかった。数年前読み返してみたら、19歳の頃の「明日なんて知らない」的な感じとか、ひりつくような痛みとか、なんだかわからないけど絶望していたあの感じとか、思い出して懐かしかった。20歳くらいの頃は自分の姿を客観的に見ることができていなかったから、彼女の小説が自分と近すぎて(主人公に感情移入したとかの話ではなく)、嫌悪感すら抱いたのかもしれないなと思った。今はもう19歳なんて遠い過去だから懐かしいとすら思えるけど、19歳の頃の自分は毎日歯を食いしばりながら、這うように生きていた記憶がある。何をしていたわけでもないけど、一日一日が苦しかった。今となってはそんなことさえ懐かしい。

 そんな彼女の長編小説。断然に文章もうまくなっているし(どこから目線だよ、ということはおいといて)、内容もすっごくしっかりしてる!彼女の小説って、一つのものをこんこんと突き詰めていくような印象があったけど、今回の小説は3人が語り手だからか、いろんな視点から見つめて、緻密に文章化されている。洞察力がすごい。あとは、比喩もとても上手になってるな(だからどこから目線)と思った。羨ましいって思いながら読みました。

 内容はというと、題名通り「母親たちの話」。一児を育てながらも旦那と別居中、薬に溺れていく作家のユカ。1歳未満の子供と常に二人で過ごす密室育児の真っ最中の専業主婦の涼子、それから3歳の美しい娘を持つが旦那と不仲でやがて不倫相手の子を宿すモデルの五月。それぞれの視点で、母親という存在の幸せと絶望などを描いてるの。
 SNSなんかに子供との幸せ満載写真を載せるママたちも日々いろんな葛藤を抱えて生きているんだなというのが感想。子供中心の生活って、幸せだけど地獄だな、と思ったり。小さい頃は親がすべてで、思春期にもなると、親は小さな宇宙であり、小さな地獄だ、なんて思ってたけど、親は親で私たちが小さい頃、地獄を味わっていたんだな、としみじみ思った。
 数年前、大阪で1歳の子と3歳くらいの子供が部屋に閉じ込められて餓死した事件があって衝撃的だったし、信じられない、とも思ったけど、あの母親はきっとこの小説の主人公たち以上に追い詰められてたんだな。今、監獄で何を思っているんだろう。
今子育てしている人にこの本の感想を尋ねてみたいけど、子育てしている人には読んで欲しくない気もするし、読んで楽になって欲しいという気もする。私も自分が子育てするようになったら実感できることだね。いつになるかわからないけどね。

11月半ばから新しい仕事が始まるので、諸々の手続きをしに公的機関巡り。オーストラリアでもシンガポールでもインタビューが無事成功したら、ただ初日を待つだけでよかったけど、ドイツではそうはいかない。タックス用ID、保険番号、タックスドキュメント2013・・・などなど、いろんな書類を揃...

11月半ばから新しい仕事が始まるので、諸々の手続きをしに公的機関巡り。オーストラリアでもシンガポールでもインタビューが無事成功したら、ただ初日を待つだけでよかったけど、ドイツではそうはいかない。タックス用ID、保険番号、タックスドキュメント2013・・・などなど、いろんな書類を揃えなくてはならないのです。さすが書類の国だわー。それから、ドイツの公的社会保険にも入って・・・(ドイツは公的保険に入ってないと、働くことが出来ない)と準備はいろいろです。
あーめんどくせーな、ドイツ人は本当に書類が好きだな、なんて思って公的役所巡りを始めましたが、なんとことはなく、さっさと終わりました。すごく構えていたので、拍子抜け。でもよかった!

“東”感が残るSpittmarkt付近
天気もいいし、ちょっと歩こうかな、なんて思っていたら、オーストラリア大使館を発見。ちょうど昨夜、ANZ銀行を解約するためオーストラリアに電話をかけて、久々にオーストラリア人と話して、「うわ、オージーアクセント懐かしい!」なんて思ったもので、ぱちり。
しかし、メルボルン、住みやすかったし、懐かしいなと思うけど、特別思いいれがあるかと言ったらそこまではないかもしれない・・・笑 なんだろう!? 好きだけどね!

友達のカナダ人が、私のこと日系オーストラリア人だと思ってたことがあった 笑
それから、アレクサンダー広場までてくてく歩く。明日引越しだからか、自分の中で「ベルリン第二章」みたいな感じで、なんだかすっごく新鮮だった。いつもは通り過ぎるだけの教会になんて入ってみたりして。


初めて、椅子に座って、お祈りする真似をしてみたら、唐突に涙が出てきた。第二次世界大戦中、こうやって同じように、息子や恋人の帰りを待ってた女性がいただろうな、と思った矢先だった。ベルリンって不思議なところ。こうやって思いを馳せると、いろんな風景が見えてくる場所なの。この教会は、すべてを見てきたんだな、と思うと感慨深かった。高校生の時に読んだ遠藤周作の『沈黙』を思い出した。

最後は東ベルリンの象徴アレクサンダー広場でしめました。さ、明日は引越しー!




昨日友達とMitteをフラフラしていたら、こんな素晴らしい夕焼けに遭遇。なんだか夏場の夕暮れ時みたいでした。冬の夕暮れってもっと金色ですよね?鮮やかなピンクとブルーのコントラスト。心を奪われました。今週は15度を越えることが多かったせいでしょうね。 今日は、...

昨日友達とMitteをフラフラしていたら、こんな素晴らしい夕焼けに遭遇。なんだか夏場の夕暮れ時みたいでした。冬の夕暮れってもっと金色ですよね?鮮やかなピンクとブルーのコントラスト。心を奪われました。今週は15度を越えることが多かったせいでしょうね。




今日は、調べ物をしに日本語の本がおいてある図書館へ。電車を乗り継ぎ、初めてU3なるものに乗りました。そこでもちょっと感動。きっと戦前からあるんだろうなっていう建物が現役の駅として使用されていました。古い町並みが自慢の欧州にありながらも、ベルリンは第二次世界大戦末期で結構建物が焼けてしまったし、旧東側に至っては、せっかく残った古い建物を爆破して壊したりしているから、意外にも古い建物が少ないんです。写真の腕があまりないので、伝わらないかもしれませんが、戦前のベルリンはこんなに美しいもので溢れる都市だったんだな・・・(ベルリンの黄金の時代は1920年代)





今とはまったく違う街並みが想像できました。あぁ、ベルリン、あなたはなんていう運命を辿ってきたの!と言いたくなりました。

明日もいい日になりますように!日本のみんなも素敵な金曜を過ごせますように!
愛を込めて。

今日は仕事の面接があって(約4時間の拘束!)疲れたー。ロールプレイングとかやんないといけなかったけど、すっごく素敵な環境で、ちょっとお金を稼ぐにはいいなと思いました。 さて!今日はドイツの映画を観ましたよ。 大学を卒業したばかりのドイツ人のベンジャミンはカンボジアに3...


今日は仕事の面接があって(約4時間の拘束!)疲れたー。ロールプレイングとかやんないといけなかったけど、すっごく素敵な環境で、ちょっとお金を稼ぐにはいいなと思いました。

さて!今日はドイツの映画を観ましたよ。
大学を卒業したばかりのドイツ人のベンジャミンはカンボジアに3ヶ月滞在します。そこで、とあるカンボジア女性を一晩買います。度々会ううちにベンジャミンは彼女を愛するようになります。ベンジャミンが帰国している間に彼女がHIVだとわかって・・・・

文化の壁、貧困等々の様々な苦難を超えた二人のピュアな愛が見所です。そしてこの映画、実話が元になっているから更に泣かせます!


・・・・なんて。
私、言いません。はっきり言おう。私はこの映画が嫌いだ。ベンジャミンは完全に金吊るにされているし、カンボジアの女は彼を愛していると言いながら彼のことを何も思っていない。生きることに必死だ。家族は娘がフッカー(娼婦)みたいなことをやってても何も言わないばかりか、それを収入源にしようとさえしている。ベンだけがこの女のためにいろんなものを犠牲にしてる。
私は幾度となく、「ベン、あんた、悪いこたぁ言わないからやめときな~」と映画に向かって言ったかわからない。文化の違いに直面して、自分が彼女の家族を養わなければならないとわかっても健気にお金を送り続ける彼を見て、私は思いましたよ。彼はきっとドイツ人、もしくは欧米人女性によっぽど嫌なことをされたに違いない。じゃないと絶対無理でしょ、ってくらいの二人の文化の差!
主役のDavid Krossがかっこいいということも納得いかない。この役やるなら、絶対モテない、顔面偏差値の低いドイツ人男だと思うんだ。じゃなかったら、有り得ない。

あーなんだか後味が悪い映画だった・・・。

ドイツはエコ大国です。エコ、もちろん私も心がけています。しかし・・・ 正直、疲れます。 毎日じゃなくても、お風呂にお湯を張るなんてもっての他、シャワーは小まめに水を止める、15分以上浴びればクレイジー扱いされる、11月くらいまで暖房はつけない、シャワーも震えながら浴びなくては...

ドイツはエコ大国です。エコ、もちろん私も心がけています。しかし・・・
正直、疲れます。
毎日じゃなくても、お風呂にお湯を張るなんてもっての他、シャワーは小まめに水を止める、15分以上浴びればクレイジー扱いされる、11月くらいまで暖房はつけない、シャワーも震えながら浴びなくてはならない、エナジーセイビングのために蝋燭の明かりで過ごすドイツ人も多いとか。

ごめんなさい、私、そこまでストイックにはなれません。

エコってなんなんだろう。

結論、苦痛。

 本日、大叔母(祖父の妹)が亡くなったと連絡を受けました。大往生でした。 いつもにこにこしてて、とてもエネルギッシュで、クリエイティブでアクティブな方でした。地域のおばあちゃんたちのための発表会なるものを立ち上げ、お年寄りの方々が何かを作ったり、みんなの前でダンスしたりする場を...

 本日、大叔母(祖父の妹)が亡くなったと連絡を受けました。大往生でした。
いつもにこにこしてて、とてもエネルギッシュで、クリエイティブでアクティブな方でした。地域のおばあちゃんたちのための発表会なるものを立ち上げ、お年寄りの方々が何かを作ったり、みんなの前でダンスしたりする場を設けたことは、親族ながらにも尊敬すべき点でした。
数年前いとこと姉と自宅にお邪魔して、仏壇にお参りさせてもらいました。その時、30年以上前に亡くなった旦那さんの写真を見つけて、「うわー、おばちゃん、旦那さんとっても素敵な人ねー!」と言ったら、すごく嬉しそうに、「うふふ~、そうなのよ、私の旦那さんはね、とってもハンサムやったのよ!」と言っていた顔が忘れられません。心の底からそう思っているようでした。

 彼女の人生が波乱万丈だったことは、うちの家族の中では有名な話です。おばさんから直接聞いたことはないのだけれど、おしゃべりな母が時々私達に聞かせてくれていました。
 大叔母の結婚式の日に彼女の兄(私の祖父)に赤紙が来て、宴が終わった後で「家族をよろしくね」と言われたこと、当時軍人だった旦那さんと共に渡った満州で終戦を迎え、女だとわからないように丸坊主にして命からがら満州から落ち延びてきたこと、そして最愛の旦那さんの死・・・・

私には想像すら出来ないことばかり。

 私は小さい頃、祖母と暮らしていたので、戦争関係の話はたまに聞いたことがありました。B29が近くの工場を夜間爆撃した時、不謹慎だけど、あぁきれいだな、と思ったこととか、アメリカとソ連が手を組んだことを知らせるビラが空から何百枚と降ってきたこととか・・・そしてもう1人の祖父は、乗っていた船を爆撃されて、陸まで何日も泳いだこととか、その中で多くの人が途中で息絶えたこととか(なのでタイタニックの映画を観たくないと言っていた)・・・

いつか大叔母さんに聞きたいと思っていたのに、もう永遠にその機会は無くなってしまいました。
近い将来、第二次世界大戦を経験した人はこの世からいなくなります。話したくないことだって多いでしょう。でも、私達は聞かなくては。そして考えなくては。

政府だけがあの戦争の責任を負っているのではありません。それは実は私達1人1人に課せられていることなのです。

大叔母さんの死は、私にそんなことを教えてくれたり。

今頃、ハンサムな旦那さんと会えたかな、うちのおじいちゃんとおばあちゃんとも会えた頃かな。天国で幸せに暮らしてくれるといいな。

今、彼女がいなくなって、心の底からさみしいです。ゆっくり眠ってね。

綾子叔母さんの冥福を祈ります。

このポストカード、ティーンの時壁に貼ってた。 「未来を選べ」って書かれてたと思う。 最近、姉と従姉がベルリンに来ていて、ここぞとばかりにベルリン観光したので、それもアップしたいのだけれども、日々何をしているのか、まったくアップ出来ていなかった。 本も読めていない、映...

このポストカード、ティーンの時壁に貼ってた。
「未来を選べ」って書かれてたと思う。

最近、姉と従姉がベルリンに来ていて、ここぞとばかりにベルリン観光したので、それもアップしたいのだけれども、日々何をしているのか、まったくアップ出来ていなかった。
本も読めていない、映画も見れていない、音楽も聴けていないという、廃人のような生活・・・。もっときちんと毎日を生きなくては。。。。

こないだ日本人の友達と「ベルリンが好きだって言ってもさ、なんだかんだ、ロンドンとかニューヨークとか行ってみたいよね。特にロンドン」って話をしてたせいか、Trainspottingがどうしても見たくなって、15年ぶりくらいに見てみた。さすがに1996年製作だから、映像とかは古いなって感じだったけれども、今年は90年代ファッションのリバイバルブームだからかなんなのかベルリンと同じ臭いのする映画だった。それとも、ベルリンはロンドンから約20年遅れているのか?うーん、完全に否定は出来ない・・・。96年当時のベルリンってどんな感じだったのかな?なんてベルリンに思いを馳せるところ、やっぱりベルリン愛です。

15歳の時にこの映画を見たんだと思う。「かっこいい!」以外特別何かを思ったわけではない気がするけれど、今回は「へー、スコットランドの人ってやっぱりイングランドの人をそういう風に思っているんだー」とか「へー。スコットランドではこういう言い方をするのかー」とかがわかっておもしろかった。最低だけど、最高な映画!それがこの映画。
 アンダーワールドの挿入歌、今でも聴くけど、これ約20年も前のものだったってことに驚愕!ブラボー。

この映画はロンドンが主な舞台ではなかったし、前半の舞台がグラスゴーだったってこともすっかり忘れていたけれど、この映画や「ベルベットゴールドマイン」を見てはロンドンの曇り空に憧れたものだったよ。田舎の空の下で「はやくここを出て、どこかに行きたいなぁ。きっとそれはロンドンだろうな」なんて思っていた頃のことを思い出して、なんだか甘酸っぱい気持ちになった。

ちなみに、私の外国放浪人生の始まりの国はイギリス、そしてロンドン!初恋の国もイギリス。
そろそろ、やっぱり行く時・・・かもね。

本日は朝少し仕事して、お昼からはベルリンで唯一日本人の友達とボックスハーゲナーの蚤の市へ。この辺に最初の一ヶ月くらい住んでたためか、やっぱり落ち着く。カフェもたくさんあるしね。 蚤の市ではまったく買う予定もなかった旅行用バックを購入。11月初頭にパリに行こうと思ってるから(まだ...

本日は朝少し仕事して、お昼からはベルリンで唯一日本人の友達とボックスハーゲナーの蚤の市へ。この辺に最初の一ヶ月くらい住んでたためか、やっぱり落ち着く。カフェもたくさんあるしね。
蚤の市ではまったく買う予定もなかった旅行用バックを購入。11月初頭にパリに行こうと思ってるから(まだ航空券すら取ってないけど)、その時に使おう。でもたぶんパリという煌びやかな都市ではみすぼらしいと思われる・・・。ベルリンならオッケーだけど、パリではちょっと・・・というものってたくさんありそう。
 小腹が空いた頃、BIOのパスタ屋さんで少し遅めの昼食。そこでこないだ髪を切ってくれた日本人の美容師さんのことについて小耳に挟む。彼がベルリンへとやってきた経緯。あんまり詳しく書いてしまうと、ネットって怖いから書かないけど、2年前ドイツ政府は福島の人をドイツへと避難させてくれたらしい。その中の1人だったって。この話、聞いたことあったけど、あんまり覚えてなかった・・・。難民といい、原発からの避難民といい、ドイツはやっぱり進んでるというか、素晴らしいね。おかげでドイツ国内にはいろんな問題があるのかもしれないけれど、取り組みはずば抜けていると感じた。

夕方はもう寒かったので、さっさと家に帰って映画を観ていると、うちにいる犬の様子がおかしくて、同居人と大慌てで病院へ。散歩中、同居人が数分目を離した隙に何か拾って食べたんだろうとの私達の予測。意識が朦朧として、震えだして、体温もすごく下がってたから、もうだめかも・・・なんて思って、ひたすらに話しかけてた。すぐに元気になったけど!
 その時思ったことは、犬も人間もいつ死ぬかわからないから、本当は一秒一秒がさよならなんだな、ということ。もしかしたら、次はもう会えないかもしれない。一瞬一瞬、心を込めて接するべきなんだな。犬が回復したことをお祝いして(?)、同居人がパイを焼いてくれた。とってもおいしかった!

そして映画の続き~特に感想はないけど、ドイツ映画ってすごくたんたんと日常を描いている気がする。まだ統計取れるほど観てないけど。なんかそれってドイツテクノ音楽に通じる気がする。「派手さはない」と言われるドイツ人の国民性が成せる技なのか?

Summer in Berlin
ドイツ語タイトルは「ベルコニーでの夏」的な感じかな?

昨日、同居人とお散歩してきた。コーヒー一杯飲んだり、その後アイス食べにわざわざ一駅分歩いてみたり、西日が金色で、空はすごく青くて、それはそれは美しい秋のベルリンでした。  でも私達の話はシリア情勢。少し前に、アメリカが国連の承認がなくてもシリアへの攻撃を決めた時(9月初旬のこ...

昨日、同居人とお散歩してきた。コーヒー一杯飲んだり、その後アイス食べにわざわざ一駅分歩いてみたり、西日が金色で、空はすごく青くて、それはそれは美しい秋のベルリンでした。

 でも私達の話はシリア情勢。少し前に、アメリカが国連の承認がなくてもシリアへの攻撃を決めた時(9月初旬のこと、現在これをアップした9月末時点ではアメリカは空爆を決定していない)、彼は言った。「NATOがユーゴスラヴィアへの空爆を決めた時、僕はまだベオグラードにいた。窓からは、燃えていくユーゴスラヴィアが見えた。その時とまったく一緒だよ」って言ってたことが忘れられない。「誰もアサドがいい政治家だとは思っていない。彼が何万人ものシリア人を虐殺しているのは事実だ。そして、セルビアだって愚かなことをした。それは僕だって知っている。だけど、一方でメディアで伝えられることだけが事実ではないことも知っている」私達に出来ることって何だろう、2人でそれを話し合ってた。

 まだ小学生だった頃。田舎だった私の学校でも“恵まれない子供たちへ愛の手を”的な募金箱が回ってきた。その募金箱には、アフリカの子供たちの写真が貼られていた。私はその担当じゃなかったから「恵まれない子供たちに~」って言葉を口にする必要はなかったけれど、私はその時とても違和感を覚えた。もうその時すでに人って平等ではないんだと漠然と思った。この世には“恵まれない子供たち”、それから“恵まれている子供たち”その二種類が存在するんだ。そして、恵まれない子供たちは、こうやって恵まれた子供たちから哀れまれるべき存在なんだな、と思ったことを覚えている。だから結構長い間、募金だとか人道支援だとかそういうものからは距離を置くようにしてたんだと思う。どうすることが正解なのか自分で答えが見つけれらなかったから。20歳そこそこの時も、募金や小さな力が根本的な解決になるわけじゃないと思って、その小さなことを自分から遠ざけてきた感がある。
 小学生に「恵まれない子供に~」なんて言わせちゃう教育には今でも疑問を持つし、将来子供が出来ても、そういう風な教育はしたくないなって思うけども、ボランティアとか難民支援とかそういうことに関しては20歳の頃とは確実に考え方が変わった。正直に言って、政治家でも活動家でもない人間が「根本的な解決」なんて出来るはずがない。だからと言って、無力感に打ちひしがれる必要はまったくない。20歳の頃はそうだった。だから何もしなかった。でも今は、自分が出来ることをやればいいと思う。募金だったり、本を読んで知識を増やしたり、出来ることっていくらでもあると思うの。
 少し話が違うけど、私は動物が好きだから、動物保護のボランティアをやっていた。犬・猫の殺処分に反対してるけれど、それって何も行政に訴えることがすべてではない。こういう活動の多くが、散歩に連れて行ったり、話しかけたり、糞を片付けたり、地味で小さな作業の積み重ねだ。そしてそれこそが殺処分を減らす根底の作業なんだよね。
 難民の問題も一緒で、別にデモやったり、大きなことをする必要ってないと思うの。そういうことはそういうことを出来る人がやってくれる。だから自分の役割というか、自分が出来る範囲のことをやって、その輪を広げていくことが大事だと思う。

特に日本は2011年に被災して、世界各国からの支援にとても励まされた記憶がある。自分達だけがやってもらって当然じゃないんだよね(私は被災地に幾ばくかの募金しかしてないから少し負い目があるんだけど)。助け合おうという気持ちこそが、平和に繋がると信じてる。

「愛の対義語は、憎しみではなく無関心」
マザーテレサの言葉をこころに刻みます。



最近、夢について語るという、お前はティーンか!と自分でもつっこみを入れたくなるメンタリティのオガタです。皆さん、ハッピーに暮らしていますか?  実は昨日、1個職が決まった。マドリッドにいた頃通っていた語学学校と同じ系列の学校の事務職で、ドイツ語コース+家(2人部屋/トイレ・お...

最近、夢について語るという、お前はティーンか!と自分でもつっこみを入れたくなるメンタリティのオガタです。皆さん、ハッピーに暮らしていますか?

 実は昨日、1個職が決まった。マドリッドにいた頃通っていた語学学校と同じ系列の学校の事務職で、ドイツ語コース+家(2人部屋/トイレ・お風呂共同)+生活費程度という条件だったんだけど、場所がフランクフルト。日本に帰るくらいだったらフランクフルトもありかな、ちょっとお金貯めてまたベルリンに帰ってきてもいいし、と考えていたので応募してみたの。そして面接もうまくいって、いざ採用に。するとどうしたことでしょう。ベルリンへの愛着がマックスに!
 消去法で選んだベルリンだったのに、私、いつの間にかベルリンが大好きになっていたみたい。犬の糞だらけ、欧州とは思えない程、失業率が高く、貧しい街なのに。
 ベルリンの何が好きかって、東西に切り裂かれた過去を持つとか、歴史的な背景ももちろんある。でもやっぱり、芸術家が集まる都市だということ。お金を稼いでいる稼いでいないかなんて問題じゃない。音楽家、画家、彫刻家、映画監督・・・。自称だっていい、彼らは芸術家なんです。

 
  実を言うと、私はずっと文章を書いて生きていきたかった。初めてそう思ったのは12歳の時だったから、人生の半分以上を同じことを思い続けて生きてきたことになる。でも、ずっと言えなかった。家で何か書いていても、誰か人が来たらいつも隠してた。「将来何がしたいの?」って聞かれても、「別に」なんて答えて、「やりたいことが見つかればいいね」なんて同情されてた。「もの書いて生きていきたいんだー」なんて間違って口にしてみたら、「いやいや無理でしょ」的な態度に人並みに傷つくこともあった。言えなかった。「ものをも書きたくない、もう書かなくてもいいや」と思ったことは、この18年で一度もない。でも、認められることもなければ、認めさせる程の才能もないかもしれないと思ったことはある。何か辛いことがあっても、「いつかこれは書けばいい」と思ったら乗り越えられた。強いわけではない。傷ついていないわけでもない。よく人から「記憶力がいいね!」って言われるのも、そのせいだと思う。絶対に、忘れない。忘れることが出来るくらいだったら、きっと何かを残したいとは思わない。

「いつか、いつか」と思って生きて来て、その“いつか”って来ないのかもしれないなと最近はいつも思ってた。「外国をふらふらしている、楽しいことだけしたい人」、それが他人から見える私だってこともよくわかってた。

でもベルリンに来て、いつの間にか「私、もの書きたいんだー、もの書いてるんだー」ってすごく自然に言えるようになってた。それを誰も馬鹿にしないんだよ、ここでは。まぁもちろん、「ノーベル文学賞取りたいんだー」なんて言ったら話は別だけど。
 言えるようになったってことは、自分1人しか読む人のいない悲しい文字たちを、他人に対して解放できたってこと。そしてそれって「ものを書く」ってことのすべてだと思うの。読まれなかったら、意味がない。それって自分の精神もきっと解き放たれたってことなんだ。だから、自分にとってはベルリンは特別な場所。

振り返ってみても、私は本が好きだった。いつもいつも本を読んでた。閉鎖的な田舎の街で、いいことなんてほとんどなかったけれど、本はいつも私に違う世界を見せてくれた。好きな文章はいつもノートに書きとめてたし、読んだ本はいつも感想を記録してた。高校で配られるプリントの端には将来私が使いたいと思う文章をいつも書きとめてた。私、そういうプリントたちをいまだに捨ててない。捨てられるわけがない。

やれるだけのことをやって、だめだったら自分でも納得が出来る。だからやってみるね。親には申し訳ない気持ちで一杯だけど。やれたのにやらなかったということほどつまらない人生はないから。

 

英語バージョンがなかったので、 ポルトガル語バージョンで! http://www.brazilfilmfest.net/2012/toronto/?page_id=341 リンクを貼っておきます。 今日はブラジルの映画を観に行ってきました。インターネットで情報を集...

英語バージョンがなかったので、
ポルトガル語バージョンで!
http://www.brazilfilmfest.net/2012/toronto/?page_id=341
リンクを貼っておきます。

今日はブラジルの映画を観に行ってきました。インターネットで情報を集めてもなかなか出てこないので、日本で観る機会はないかもしれません。1950年代のブラジル・サルバトールが舞台で、ローティーンの少年ギャングスターたちを描いた作品です。貧困、盗み、セックス、流行病、暴力・・・この映画の中はそれらのもので溢れています。10年ほど前に観た“City of God”と同じ感じかな?と思って観続けていると、後半戦は主役の少年のあまりのピュアな恋心に泣かされます。先ほど書いたみたいに、彼、とってもホープレスなギャングスターなのに・・・。ピュアな人にはまったくもって興味が持てないし、逆にうさんくさいなと思ってしまう私ですが、いわゆるろくでなしな人のピュアさには心を打たれてしまいます。名前を何度も呼ぶシーン、あれはとても悲しかった。そして最後のシーンの美しさよ!人はこうやって、心に美しい傷跡を抱えて生きていくんだな・・・。

 ブラジル映画って何作かしか観たことがないけれど、欧州の映画みたいには暗い印象はありません。なんだか治安がとても悪そうだな、という印象を受ける映画が多い気がするのですが、そういう映画が“ブラジル映画”として人々にウケるのでしょうか。機会があれば、もっと観てみたいです。

 少し話は変わりますが、この映画みたいにマイナーな映画を上映しているベルリンが大好きです。考えるところがあってベルリンを少し離れてもいいかな、と思ってた時期だっただけに、やっぱり限界までここに残ると決めた瞬間でした。もっと小まめに足を運びます!





フランス映画やスペイン映画、イタリア映画なら少しはわかるのですが、ドイツ映画のことはまったくわからないので、今後はドイツ映画にフォーカスして行きたいと思います。せっかくドイツにいることだし、各国の映画事情に詳しくなれたらいいなと。特にドイツはベルリン国際映画祭もあるくらい...


フランス映画やスペイン映画、イタリア映画なら少しはわかるのですが、ドイツ映画のことはまったくわからないので、今後はドイツ映画にフォーカスして行きたいと思います。せっかくドイツにいることだし、各国の映画事情に詳しくなれたらいいなと。特にドイツはベルリン国際映画祭もあるくらいだし、いい映画を作っていることでしょう!

 昨晩観たのはコレ。17歳の少年・アントンは彼の母親と母親のボーイフレンドと海辺の別荘へと旅行に出かけます。彼の父親は数年前に自らの手でその命を絶っています。少年がその海辺の別荘で不思議な少年と少女に出会って・・・・というミステリーです。
 正直、3分の2は見るのが苦痛でした。最後の最後の3分の1の部分で物語りは起こる・・・という感じです。映画の中に誰一人として美しい人が出て来なかったことも、苦痛だった要因かも。最初から集中力を途切れさせての観賞だったので、結局この映画が何を伝えたかったのかよくわかりませんでした。思春期の少年の心の底、ということなのでしょうか?もう一回観たらいいのかもしれないけれど、ちょっと観る気がしません、ごめんなさい。

ストーリーとは関係ないけれど、この映画の中のドイツ語がなんとなくフランス語っぽく聞こえたのは気のせいなんでしょうか?ドイツ語がわかるわけではないので、恐縮なのですが。
 それとベルリンに住んでいてわかったことがあります。欧州の映画って暗い感じがするのは歴史のせいだと思ってたのですが、やはり天候のせいなんじゃないかという気がします。南欧は別としても、欧州のほとんどの都市が冬場はどんよりとした曇り空の下で生活するので、必然的に映画も暗くなるのでしょうね。

 今週末は、ロンドンで結婚生活を送っている日本人の友達がベルリンに遊びに来ていました。2年以上ぶりに会えたので、とっても嬉しかったです。完全に観光客化して、地図を片手に写真ばしばし撮ってきましたよ。楽しかった~!女のおしゃべり、止まりませんね~。近況報告やら噂話、ロンドンのこと、...

 今週末は、ロンドンで結婚生活を送っている日本人の友達がベルリンに遊びに来ていました。2年以上ぶりに会えたので、とっても嬉しかったです。完全に観光客化して、地図を片手に写真ばしばし撮ってきましたよ。楽しかった~!女のおしゃべり、止まりませんね~。近況報告やら噂話、ロンドンのこと、イギリス人のこと、いろいろお話しました。でもやっぱり特に「外国に住むということ」については共通の話題なだけに印象深いです。
日本を離れて、2年が過ぎました。まだ2年という気持ちと、もう2年という気持ち、どちらもあります。今のところは、まだ日本に戻ろう!という前向きな決意はありません。ビザが切れたり、お金が無くなったり、どうしようもなくて帰国することはあるかもしれませんが。
 前も書いたことがあるのですが、私はど田舎で生まれ育ったので、外国や異文化、それから多様性に心の底から憧れていました。大学生の頃はお金が貯まるとすぐに飛行機を予約して、外国に出かけていました。だから、異文化を学ぶこと、尊重すること、引いては英語を勉強することもまったく苦ではありませんでした。英語を勉強することによって、世界が突然開かれたようなあの感じは忘れないと思います。もしかしたらグローバル化の中で育つ今からの子供たちはもう味わえないことかもしれません。そういう自分にとって、「海外に住むということ」は半ば当然のことだったわけです。「一生日本で暮らす」という将来を今までの人生で描いたことがなかったので、もし日本に戻ることになれば正直に言って戸惑うかもしれませんね。
 だから、私は今幸せです。大好きな外国にいることができること、もっと大きく言えば、自分で選択した人生を送れていること。結局は、それだけです。
 「外国に住んでいる」というと、「人生満喫してるねー!」とよく言われます。はっきり言っても、外国に住むことは楽ではありません。労働環境は日本よりもいいと思うし、日本のように他人に気を使う必要はありませんが、それとは別のところで問題はたくさんあります。人種、文化、それから言葉の壁、差別される悲しさ、お金の問題、いろいろあります。あんなに辛かったシンガポール時代に「人生楽しそう」って言われた時はなんとも言えない気持ちになったし、他人と比べると、私はいつまで経ってもふらふらしてて、なんて情けないんだろうなんて思うことも日常茶飯事です。
 でもそれでも、「自分は幸せだ」と思えるのはやはり自分で選んだことだからではないかと思うんです。逆に言えば、自分で選べない人生はある意味でやはり不幸なのかもしれません。
 そして、自分で「この道を選ぶ」と決めるということは、「その他の道を選ばない」ということでもあります。犠牲にするものもあると言うことです。私でさえ、外国で暮らすということを選ぶために犠牲にしたものはいくつもあります。お金、家族、そして長く付き合っていた恋人・・・。家族に関して言えば、いつもどこかでさよならの覚悟をしています。だから会えるときに最大限の愛を示そうとします。出来ることは限られているから。お金に関しても、余裕なんてありません。よくfacebookで豪華な食事風景がアップされていますが、彼らがそういう食事をしてる時、私は質素な食事をしています。誰かがリッチなホテルに滞在している時、私は男女混合の6人部屋、お風呂トイレ共同のホステルに滞在しています。そして、恋人。皆、幸せに結婚していく昨今、私は外国に来ることを選びました。
 でも、私は後悔していません。結局、何を選ぶかだと思うんです。私は貧乏ながらも外国で暮らすことを選んだし、誰かは日本にいてある程度お金に余裕のある暮らしを選ぶのかもしれない。完璧な人生なんてないから、どこかしら何かを犠牲にしたり、自分を強制的に納得させたり、妥協したりってやっぱり必要なのではないでしょうか。
 そう考えると、やっぱり最大の不幸は何も自分で決められない、何が自分にとって大切なのかわからないってことなのかもしれませんね。

Winter has just come to this beautiful city. But I'm perfectly doing well so far.  I went to watch a documentary titled “Waste land”. I...

Winter has just come to this beautiful city. But I'm perfectly doing well so far.
 I went to watch a documentary titled “Waste land”. It focuses on garbage situation in Brazil. Camera clue had interviews with working people in garbage collection point, took portraits of them
 and made arts based on their portraits. Garbage collection point seemed so terrible in Brazil and to work there seemed very hard.  I stop writing about this movie any more for someone who is gonna watch it. But what I want to say is...Art takes a important role. I felt it in this documentary,too. Art moved some one's heart. I wish I could make something which moves someone. Number doesn't matter if only one would be moved.
 Beside of Documentary, hand made theater which I was in was also great.  It might be damped garage. Young creators “re-make” into their Atelier. Some artists were making their own arts outside at that time.
I think it is very difficult to earn money from art even though Berlin is the city of art. But unknown artists inspires me who is also unknown “Artist”. Yes, I can say that I am at least an artist here in Berlin. No one consider if I earn money from it or not. No one make fool out of such a people here because everybody know such a people work very hard for their dream.

Young men, Nope. Young and old men, I mean everyone, have a dream! It's beatiful to have a dream. And You are also beautiful if you don't have money nor someone make fool of you. Yes,you are beautiful.

Here is a link/ウェブサイトはこちら!(英語のみ)
http://wastelandmovie.com/


最近Facebookの投稿やらなんやら、暗いと評判のオガタです。皆様お元気でしょうか?私はパーフェクトに元気です。ベルリンはすっかり冬です。秋じゃなく。日本の11月くらいの寒さかな。
 今日は夕方から、映画を見に行ってきましたよ。タイトルは“Waste land”。ブラジルのごみ事情に焦点を当てたドキュメンタリーです。ごみ収集場で働く人へインタビューを行ったり、ポートレイトを撮ったり、それを元にごみでアートを作るまでを数年間に渡り追っています。日本のごみ収集場をイメージしてしまうとこの映画をまったく想像できないと思いますが、ブラジルのそれはよく発展途上国で見るそれです。人よりいいものを見つけようとごみの山に人が群がる風景を想像してもらえばよいかと思います。見てるだけで正直臭ってきそうで、眉根をしかめてしまいます。今後見る人に悪いのであまり内容を書きすぎないようにしますが、言いたいことはただ1つ。アートが果たす役割ってとっても大きいってこと。この映画の中でも本当にそれを感じるのです。こんな風に誰かの心を動かせる作品が作れたらな。多くの人じゃなくてもいい、一人でも。

 それに今日映画を鑑賞した場所は、倉庫を改造して、若き画家たちのアトリエにしてるようなところで、外ではファンキーなねーちゃんがワイングラスを電動のこぎりでぶつ切りにして、何か作品を作っていたし、すっごくおもしろいオブジェもありました。きっと映画を製作してる人もいるんだろうな。私は映画の製作者には出会ったことないけど。大きい会社からスカウトというか、認められない限り、名前は売れないだろうし、それでお金を稼ぐってすっごく大変だろうけど、ベルリンにはそんな無名の芸術家たちが腐る程いて、名もない私はとっても刺激を受けます。いいんだな、夢を持って。そういう風に思います。そしてここではそれを誰もばかにしません。それは皆、自分がやりたいことに対して一生懸命だってことをわかっているから。

 若者よ、いいえ、若くなくても夢を持とう!ばかげてるって言われたって、お金が無くても、夢のない人より、あなたは素敵だよ。

People were drinking inside.
中でビールを飲んでいる人がいましたよ。
 

People there were so brightful.
なんかみんなキラキラしていました。

Their theme “re-make”
リサイクルがテーマ。

Look at this hand mad theater!
この手作り感!!

When I was in Spain, I met an Italian guy. It was just one week before I left Madrid for Barcelona. His name is Marco who was born in 1983 a...

When I was in Spain, I met an Italian guy. It was just one week before I left Madrid for Barcelona. His name is Marco who was born in 1983 as well as me. We both were 25 years old then and he was still student. I think he majored in Movies in his university. I happened to meet him when I was in my friends house. I remember that day very well because the day light saving was just over on that day. We soon became friends and we always hung out together for that one week. He knew little bit Japanese culture and we discussed about Yukio Mishima at Sushi bar near Puerta del Sol in Madrid. Of course we talked about David Lynch He really loved as well. I can't forget how excited he was when it came to movies. He was in love in movies.
Looked back then, He always took pictures.He took every beautiful moments. I loved his pictures. But I can say recently pictures are much much better than his old pictures. I nearly cry when I look those. They are very beautiful. His pictures cheer me up all the time when I feel depressed. And...I am so happy your dream came true.
To tell the truth, I want to fly to Milan to see him immediately but I know it's not time now. Someday my dream comes true, let me go there to see you. Till then, I hang on here where I am. 



“DAVID LYNCH”Somewhere in Berlin.


スペインに留学していた時、マドリッドを離れる一週間前にとあるイタリア人に会いました。彼の名前はマルコ。83年生まれの同い年。当時2人とも25歳だったけれど、彼はまだ学生で、映画の勉強をしていたと思う。友達のうちにたまたまいたら彼も居合わせて、仲良くなった。あれは忘れもしない2008年のサマータイムが終わる日。彼も私と同じ日にマドリッドを経つ予定だった。私達は一瞬で仲良くなって、その一週間、ほぼ一緒に遊んでた。彼は日本の文化にとっても興味があって(日本通とか日本好きとかそういうのではなくて)、マドリッドのお寿司屋さんで三島由紀夫の話を2人で懇々とした時のことよく覚えている。彼の大好きなデヴィッド・リンチの話も。映画の話となるとすっごくきらきらしてた。彼、映画が大好きなんだなぁって思ったもの。あの時、私にボーイフレンドがいなかったら、完全に持っていかれてただろうなぁ。
 あの頃から彼はいつも写真を撮ってた。彼の撮る写真はあの頃からよかった。でも最近の写真は、見ていると涙が出てくる程きれいな写真ばかりなの。5年前はまだ学生でアルバイトでミュージックビデオを作っていると言ってたけど、今はもうきちんと仕事として活動しているみたい。彼の写真や彼が作ったものを見ていると、とても励まされる。私もがんばろう、と素直に思える。
 本当は今すぐミランへ行って会いたいけど、まだまだ何者にもなれない私は今いるところでがんばります。またいつか会えることを信じて。

Finally I went to the mini concert in Berlin! Actually it was not music gig exactly but it was my friend's friend's birthday...





Finally I went to the mini concert in Berlin!
Actually it was not music gig exactly but it was my friend's friend's birthday party for 40 years old!
He introduced himself as “Musician”. I'm not sure he is professional musician (Of course he was so talented!) but it doesn't matter. This is Berlin where is the city for artists. Every one could say “I'm an artist”. I think it really doesn't matter if someone earn money as an artist. I think it is kind of difficult to say “I'm musician or artist” in Japan if they don't earn money from it. Of course everyone in Berlin knows money is convenient and fundamental but I just feel that the idea for art or artists is totally different between Europe and Asia.

 I met some people from there, talked with them, ate food provided, drunk for free and listened to music. Fantastic. I found I love music. I already knew it though.It's little bit sudden but I wish I could do what I want after I get married. If I say so to European friends, they would asked me “Why not!?”.

 I had a friend who really loved music and was DJ. I don't keep in touch with him any more but he told me he didn't play any music or even listened to it any more after his marriage because one day his wife said to him,“Stop the fucking music. I take care of our children. We got married. You should be mature.To play or listen to music is not necessary for you. What you should do is to take care of your children. Tha's all”. And he tried to keep away from music. I was so frightened by marriage when I heard his story. I felt marriage would destroy something in Japan.
 I would love to live with electronic guitar sound and rockin roll through my life and wish my future husband as well.

ライブに行って来ましたー!
なんて。これ、誕生会のワンシーンなんです。友達の友達の40歳の誕生会だったんだけど、バーを貸しきって、ライブメインの誕生会でした。友達の友達は「ミュージシャン」と紹介されていました。彼がミュージシャンとしてお金を稼いでいるのかは不明ですが、そうであってもそうでなくても彼はミュージシャンです。いいんです、それで。アーティストとして、お金を稼げているか稼げていないかなんて問題ではない。だってここは芸術の街・ベルリンだから。もちろん、稼げるに越したことはない、お金があったら便利だっては皆がわかってるけどね。
 いろいろな人と出会って、話して、ただで料理食べて、ただでお酒飲めて、音楽も聴けて・・・。素敵な夜でした。やっぱりライブミュージックは素晴らしいね。趣味で音楽やってます、みたいな人もたくさんいたよ。結婚しても、年取っても自分が好きなことをやれるっていいなぁ。ヨーロッパ人にそれ言ったら、Why not?って言われそうだけど。
 もう今は疎遠になっちゃたけど、音楽が大好きでDJやってた男の子の友達が、結婚して子供が生まれたら、まったく音楽を聴かなくなったって言ってたことを思い出した。奥さんに「私は子育てしてるのに、自分ばかり好きなことやってて納得いかない」みたいに言われて、音楽から離れてしまったんだって。結婚ってそういうもんなんだ、って恐怖におののいたものだよ。彼、大学卒業後は普通のサラリーマンになってしまったから、忙しくて音楽やってる時間がないというのもあるだろうけど。犠牲にするものも確かに多いとは思うけれど、私はエレキギターの音の中で一生暮らしていきたい。自分が好きになる男性もそうであってくれたらいいな。

I went to the Serbian Cinema Festival called “Serbinale” with my flat mate yesterday.  MitteにあるBabylonというシアターにて。 各国の映画祭をやっているそうです。 /...

I went to the Serbian Cinema Festival called “Serbinale” with my flat mate yesterday.

MitteにあるBabylonというシアターにて。
各国の映画祭をやっているそうです。
/Theater named Babylon in Mitte.
セルビア語。わかるかな?
ロシア語に近いんだってー
/It's Serbian charactor.
It looks like Russian, I reckon.
It was very pity that I was not able to understand this movie because Serbian was spoken through the movie and there was only German subtitle. My flat mate transtaled into English for me at the very begining of the movie but he gave up to translate after all. I managed to understand the story but just wasn't able to catch up the thier conversation.  The story was like, the life of young “Smart phone”genelation who live in Belgrade. As I mentioned I couldn't catch up the conversation, I focused on its backgrand.  It keenly showed me thier poorness. As for thier fassion, I felt they were 10 years or even 15 years behind even though this movie was taken in 2012.
  I think young generation is always hopeless but hopelss kids's parents are also hopeless. I mean it's not only Serbian but Japanese as well. Streets and atmosphere looked completely miserable. The buildings were still ruined. One of my Polish friend who went to Belgrade last year told me “You'd see and understand that there were war if you go to Belgrade even though already about 20 years passed. ”.  It made me a little bit schocked but then I understood it was true. I could feel it even in the movie. After watching the movie, I talked to Turkish guy and he mentioned “Yugoslavian civil war...blah blah blar”(I don't remember what he said after that word.) I just thought that lots of people who don't know Serbia might have same feeling after watching this movie. It means they still cannot keep that war away. Like us, like Germany. It should not keep or wash it away but not that way.

I heard that Serbinale will be hold for 4 days and a documentary in regard to Yugoslavian Hero Tito will be shown tonght. My flat mate looked so interested in it and so am I. I don't have lots of knowledge regarding Tito but I'm really interested in him these days thanks to my flat mate. It is good to know or learn what I don't know.
 However, I just wonder what made and kept him “Hero” till his last or even now 2013, not “Director”. His position might be said “Diretor”  but he was not, neither he wasn't called like that. My flate mate told me that all Yugoslavian loved him very much and he still remember that day when Tito passed away even though he was just 4 years old! Because her mother cried a lot for great Tito's death. It's very interesting, isn't it?  I will ask that question to my flat mate again someday.

After watching movie, we hung out with others and I found interesting story then but let me write another time...


興味のある方は見てみて!
/If you're interested, this is a title and official poster of movie.
昨日は、同居人と「セルビナーレ」というセルビアの映画イベントに行ってきました。
映画は全編セルビア語だったし、字幕もドイツ語だったからほぼほぼ何を言っているかわからなかくて、最初のうちは同居人が訳してくれてたけど、めんどくさくなったのか、途中で放棄されたのでまったくわからなかった。ま、いいけど。映画の内容は、ベオグラードのスマートフォン世代のホープレスな若者たちの日常・・・というところか。会話がまったくわからなかったから、内容というよりもセルビアの背景に私はフォーカスしました。なんか貧しさがひしひしと伝わってくるような感じがした。ファッション的には10年から15年前という感じ。若者たちはいつの時代もホープレスだけど、その親達もすっごくホープレスという気がした。その点は日本も同じだと思うけれど。街の様子も、とてもうらぶれていて、廃墟もとても多かった。数年前にベオグラードに行ったポーランド人の友達が「もし君がベオグラードに行くことがあったら、戦後20年近く経った今でも至るところに戦争を感じるだろう。」という風に言っていて、軽くショックだったけれど、映画でさえもそれは感じた。映画が終わった後、トルコ人の人と意見を交わしたんだけど、やっぱり「ユーゴスラヴィアの内戦が・・・」みたいな映画の感想を言ってたから、きっとセルビアを知らない多くの人がそんな感想を持つんだろうな、と思った。製作者はそんなこと思ってもみないだろうけど。
セルビアのフェスティバルは4日間に渡って行われて、今日はユーゴスラヴィアの英雄・チトーについてのドキュメンタリーが上映されるみたい。同居人も観たいと言ってたし、私も観たいんだよね。チトー的立場って一歩間違えれば、“独裁者”にもなりうるのに、旧ユーゴスラヴィア圏の人って彼を悪く言う人ってやっぱりいないんだよね。特に同居人はセルビアの人だから、チトーにはすごく思うところがあるみたい。(注:チトーは現クロアチア生まれ。)チトーの没後、ユーゴスラヴィアは内戦を経て、解体したから、同居人にとってはチトーがいなくなったことがイコール自分の国の崩壊ってことを意味するからだと思う。「何がチトーを独裁者にしなかったんだと思う?」って質問して、彼が答えようとした瞬間に映画が始まったから、答えは結局聞けないままだった。残念だ。
 余談だけど、彼がチトーの写真を見せてくれて、「え?彼、こんな顔してた?」と聞いた時、「だって87歳まで生きてたからね~」と言われ、ふーん、そうか、と思ってたけど、今考えてみれば、私、トルコの建国の父、ケマル・アタテュルクと完全に間違ってた。得意の勘違い。危ない危ない。

その後は、セルビナーレで出会ったイラニアン・ジャーマンの子たちとバーへ。そこでも興味深い話があったけれど、すでに十分長いのでまた別の機会に書きます。チャオ!