日曜は基本的にスーパーを始め、デパートも空いていないので、今後も蚤の市をめぐることになりそう。でも21日は残念なことにちょっといやなことがあって、少しだけいらいらした気持ちで蚤の市に行ったから、素敵なものがあっても結構見逃している気がする。よくないね、いらいらは・・・ ...

蚤の市/2013.07/21

/
0 Comments
日曜は基本的にスーパーを始め、デパートも空いていないので、今後も蚤の市をめぐることになりそう。でも21日は残念なことにちょっといやなことがあって、少しだけいらいらした気持ちで蚤の市に行ったから、素敵なものがあっても結構見逃している気がする。よくないね、いらいらは・・・


いちいちディスプレイもかわいいの!
私もレコードにピアス、真似しようかな。でも音楽好きだからできないと思う・・・

でもなんだかんだこちらをゲット。


卓上ランプと小さな花瓶と、レース。レースはね、ティータイムの時にコースターが代わりに使いたいなぁっと思ってるの。夢膨らむでしょ?お花は、近所にて50セント(70円弱)で購入。昔スペイン人が「ドイツはよく花を贈るからそこらじゅうにお花屋さんがある」と言っていたけど、本当だわ。スペシャルな男の子から贈呈されたいもんだわ。

 それから、レコード屋ももちろんチェック。


本当はCDじゃなくて、レコードを買いたいんんだよね。もちろん、そこにそんなにお金をかけられないのでCDの購入はおろかiTunesでダウンロードしたりしてるけど。
でもやっぱりジャケットを見ても、CDとは全く違うんだよね。素敵なジャケットもいっぱいあった。部屋に飾っておくだけでも素敵だから今度は何枚か購入してみよう。
 私の親世代はまだまだレコード世代で、うちにも今ではお宝のような品がたくさんある。コンサートにもあまり行けず、レコードも高かった時代において、レコードはどれだけの若者の憧れを受けていたんだろう。そのきらきらとした名残を感じて、ちょっぴり切ない気持ちになりました。便利さの影で無くしていくものって確かにあるよね・・・

 
 蚤の市から帰るとまたハウスメイトが「今日中庭でディナー食べるけど、一緒に行く?」と素敵なことを聞いてきたので、またお供しました。今日も下の階に住むブラジル人とスペイン語ぺらぺらのドイツ人、それからヴァレンシア出身のスペイン人の子たちがいた。これまた会話はスペイン語になったり、英語になったり、ドイツ語になったり・・・。この環境でスペイン語話せたことは救いだと思う・・・。

それからいろいろと話してて、やっぱり原発事故の話になって・・・。ヨーロッパの人はやっぱりチェルノブイリの記憶があるから、津波のことももちろん心配されるけど、原発事故について聞きたがるよね・・・。このことについて、日本はかなり報道に嘘があったり隠してることが多いからか、私のただ単の知識不足からか、I don't knowしか言えない自分が恥ずかしかった・・・。私の知っている範囲での現状と、それから日本の政府の対応等、そこまで詳しくないけど説明をした。でも“So...is it safe now?”って率直に聞かれると、やっぱりI don't knowとしか答えられなかった・・・。
私正直、原発問題に関して逃げたいと思う気持ちが強かったんだよね。あの中で私が一番関心を持って、知識を得て、世の中に広めていく必要があるというのに・・・。
 大人になると見えないことにしたり、逃げ道を覚えたりするけど、この世には“逃げれない”道があるんだな、そして今の日本と日本人にとってそれは原発のこと以外なんでもないだなと思った。


You may also like

No comments: