I went to the Serbian Cinema Festival called “Serbinale” with my flat mate yesterday.  MitteにあるBabylonというシアターにて。 各国の映画祭をやっているそうです。 /...

I went to the Serbian Cinema Festival called “Serbinale” with my flat mate yesterday.

MitteにあるBabylonというシアターにて。
各国の映画祭をやっているそうです。
/Theater named Babylon in Mitte.
セルビア語。わかるかな?
ロシア語に近いんだってー
/It's Serbian charactor.
It looks like Russian, I reckon.
It was very pity that I was not able to understand this movie because Serbian was spoken through the movie and there was only German subtitle. My flat mate transtaled into English for me at the very begining of the movie but he gave up to translate after all. I managed to understand the story but just wasn't able to catch up the thier conversation.  The story was like, the life of young “Smart phone”genelation who live in Belgrade. As I mentioned I couldn't catch up the conversation, I focused on its backgrand.  It keenly showed me thier poorness. As for thier fassion, I felt they were 10 years or even 15 years behind even though this movie was taken in 2012.
  I think young generation is always hopeless but hopelss kids's parents are also hopeless. I mean it's not only Serbian but Japanese as well. Streets and atmosphere looked completely miserable. The buildings were still ruined. One of my Polish friend who went to Belgrade last year told me “You'd see and understand that there were war if you go to Belgrade even though already about 20 years passed. ”.  It made me a little bit schocked but then I understood it was true. I could feel it even in the movie. After watching the movie, I talked to Turkish guy and he mentioned “Yugoslavian civil war...blah blah blar”(I don't remember what he said after that word.) I just thought that lots of people who don't know Serbia might have same feeling after watching this movie. It means they still cannot keep that war away. Like us, like Germany. It should not keep or wash it away but not that way.

I heard that Serbinale will be hold for 4 days and a documentary in regard to Yugoslavian Hero Tito will be shown tonght. My flat mate looked so interested in it and so am I. I don't have lots of knowledge regarding Tito but I'm really interested in him these days thanks to my flat mate. It is good to know or learn what I don't know.
 However, I just wonder what made and kept him “Hero” till his last or even now 2013, not “Director”. His position might be said “Diretor”  but he was not, neither he wasn't called like that. My flate mate told me that all Yugoslavian loved him very much and he still remember that day when Tito passed away even though he was just 4 years old! Because her mother cried a lot for great Tito's death. It's very interesting, isn't it?  I will ask that question to my flat mate again someday.

After watching movie, we hung out with others and I found interesting story then but let me write another time...


興味のある方は見てみて!
/If you're interested, this is a title and official poster of movie.
昨日は、同居人と「セルビナーレ」というセルビアの映画イベントに行ってきました。
映画は全編セルビア語だったし、字幕もドイツ語だったからほぼほぼ何を言っているかわからなかくて、最初のうちは同居人が訳してくれてたけど、めんどくさくなったのか、途中で放棄されたのでまったくわからなかった。ま、いいけど。映画の内容は、ベオグラードのスマートフォン世代のホープレスな若者たちの日常・・・というところか。会話がまったくわからなかったから、内容というよりもセルビアの背景に私はフォーカスしました。なんか貧しさがひしひしと伝わってくるような感じがした。ファッション的には10年から15年前という感じ。若者たちはいつの時代もホープレスだけど、その親達もすっごくホープレスという気がした。その点は日本も同じだと思うけれど。街の様子も、とてもうらぶれていて、廃墟もとても多かった。数年前にベオグラードに行ったポーランド人の友達が「もし君がベオグラードに行くことがあったら、戦後20年近く経った今でも至るところに戦争を感じるだろう。」という風に言っていて、軽くショックだったけれど、映画でさえもそれは感じた。映画が終わった後、トルコ人の人と意見を交わしたんだけど、やっぱり「ユーゴスラヴィアの内戦が・・・」みたいな映画の感想を言ってたから、きっとセルビアを知らない多くの人がそんな感想を持つんだろうな、と思った。製作者はそんなこと思ってもみないだろうけど。
セルビアのフェスティバルは4日間に渡って行われて、今日はユーゴスラヴィアの英雄・チトーについてのドキュメンタリーが上映されるみたい。同居人も観たいと言ってたし、私も観たいんだよね。チトー的立場って一歩間違えれば、“独裁者”にもなりうるのに、旧ユーゴスラヴィア圏の人って彼を悪く言う人ってやっぱりいないんだよね。特に同居人はセルビアの人だから、チトーにはすごく思うところがあるみたい。(注:チトーは現クロアチア生まれ。)チトーの没後、ユーゴスラヴィアは内戦を経て、解体したから、同居人にとってはチトーがいなくなったことがイコール自分の国の崩壊ってことを意味するからだと思う。「何がチトーを独裁者にしなかったんだと思う?」って質問して、彼が答えようとした瞬間に映画が始まったから、答えは結局聞けないままだった。残念だ。
 余談だけど、彼がチトーの写真を見せてくれて、「え?彼、こんな顔してた?」と聞いた時、「だって87歳まで生きてたからね~」と言われ、ふーん、そうか、と思ってたけど、今考えてみれば、私、トルコの建国の父、ケマル・アタテュルクと完全に間違ってた。得意の勘違い。危ない危ない。

その後は、セルビナーレで出会ったイラニアン・ジャーマンの子たちとバーへ。そこでも興味深い話があったけれど、すでに十分長いのでまた別の機会に書きます。チャオ!


One of my Spanish friend invited me to “Fiesta” on the last Saturday. I went to her Friend's house. It was really really fun that night....

One of my Spanish friend invited me to “Fiesta” on the last Saturday. I went to her Friend's house. It was really really fun that night. Love it! People were also very nice, they originally come from Argentine, Italy,Canada, Indonesia, Spain and even from Libya!
 But I didn't like that Libyan guy at all because he always tried to touch or even cling to the girls. I just complained another Spanish guy that I didn't like men touching me like that way. But he said that that Libyan guy was basically nice person but he drunk and he came from totally “different culture”.
Well, I have no idea we could say that this happened because of the culture difference. I'm pretty sure they don't touch ladies in their country. Got out of their country and came to Germany, they might think “This is Germany,We can touch ladies as we like. We can fuck around with them because all lady is a bitch” or something. I'm very sorry to use this nasty word but at least I felt that way. I mean, he looked like he totally changes their mind since he come to Berlin. But he should know sometime to touch ladies is also rude, not only Arabic countries.
 I understand how difficult to adjust their culture to live in Europe country because I also come from very different culture as Europe and I understand how sad that people keep or push me away because I come from different culture. But the problem was he changed his mind in wrong way!!

On Sunday afternoon, I met up with Mohamed and we went to Treptowerpark near by Spree river. It was very lovely. We enjoyed the last minutes of summer.
 We talked about Syrian civil war again. Some bombs were fell down to his hometown where his family live in. He said he had been thinking that what he was doing in Germany by himself. Lovely friends and family has been suffered by horrible situation. I was sad but only what I manage to say to him is just “At least your family is happy because you are safe for sure”. Yes, what I can do for him and Syria is to write. I know it's very very tiny thing...but I want him to remember I always think about his country.

Second topic for us was about the book which I read couple month ago. The title is “Burned Alive”. It's true story written by survivor of an “Honor Killing”. One seventeen girl fell in love and had sex before her marriage. It means she deserves to be killed by her family. For what? She should be punished and family must protect their own honor. That's why she was burned.
 My friend of course wouldn't kill a lady even he has a same situation as this, he said but...This traditional idea still exists in Syria now. I was pretty shocked. 2013 now! He wouldn't kill his lady but he would divorce if he finds his lady is not virgin...
Am,I would lose my life if I were born in Syria! I just thought it's very difficult to understand Arabic culture about this case even though I like their culture!

Read “Burned Alive ” if you are interested.

Burned Alive

金曜(8月23日)は先週知り合ったボリビア人の女の子とビア一杯引っ掛けに行って、その足で彼女の旦那さんとその友達のドイツ人たちとと踊りにいきました。旦那さんの音楽のセンスがよかったから期待してたら、誰のセレクトかわからないけれど60年代のブラックミュージックのクラブに連れて行かれた。素敵な音楽だとは思うけど、私これじゃ踊れない・・・。3時くらいには帰りました。ベルリンの電車って金曜・土曜は24時間だから助かる。しかも治安いいし。もちろん油断は禁物だけど。

それから土曜(8月24日)はスペイン人の子にフィエスタに誘われてたから、アルゼンチンの子のおうちに遊びに行きました。イタリア、アルゼンチン、カナダ、インドネシア、スペイン、リビア・・・いろいろいました。フレンチカナディアンの子に「確かにちょっとオージーアクセントだねー!」と言われる。うーん。カナダは35歳までドイツにワーホリに来れるらしい。日本もそのうちそうなるのかな。
 で、リビアンガイ。なんかさ、やたらとべたべた触ってきて、スパニッシュの女の子と2人、ぶち切れ。もう1人のスペイン人の男の子に「あいつ、嫌い!やたら触ってくる!」と文句言ってたら、「基本的にはいいやつだよ。ただ、文化が違うだけで・・・」って擁護してた。うーん、こういうのってそういう片付け方をしたほうがいいのかなってすっごく疑問だった。「文化が違う」って言っても、ムスリム国家であるリビアで女の子にべたべた触るなんて絶対あり得ないし、極端に言えば、「ドイツでは女性は触り放題だし、好きなだけやれる」みたいに勘違いしてんじゃないのかなと思った。ムスリムの男性はその辺が苦手。トルコ人は別として、モロッコ人の友達でさえも「やれるだけやっとこう!」みたいな感じがして、その辺はすっごく嫌だった。あの頃は友達もだいぶわかかったからなのかもしれないけれど。でも同じく外国で自分のもともとの文化を調整しないといけない苦労は私もよくわかるし、「文化が違う」ってことでPush me away(距離を置く)されたらやっぱりいやだから、もっと理解するしかないのかな。。。そんなこんなで7時に帰宅。まだまだ私いけるね。

今日は蚤の市で自転車をついに購入!買った瞬間のうきうきといったら半端なかった!これで私もベルリーナー!みたいな。高校さえも自転車で行かなかったのに・・・。

それから、夕方からモハメドと会って、シュプレー川べりの公園へ。The last minutes of summerって感じでとってもキレイだった。今日の前半のトピックはまたまたシリアの内戦。いつだったか忘れたけれど、彼の街にも爆弾が投下されたって言ってた。自分は家族をおいてきて、ドイツで何をしてるんだろう、って時々思うんだ、って言うから、「それでも家族はあなただけでも助かってくれてハッピーだと思うよ」って言った。今私に出来ることはこうやってちょこちょこブログを書いてシリアのことを知らせるだけだってことも伝えた。いつも思ってるよ、って意味で。

そして後半のテーマはイスラム教国家について。数ヶ月前に読んだ「生きながら火に焼かれて」って本の話をどう思うかって聞いてみた。結婚前にセックスしたために、家族から殺されかけたって話ね。
彼はその場合でも殺すべきではないと言ってたけど、2013年現在のシリアでさえ、その場合の殺人はある意味認められていることだって言ってて衝撃だった。もしかしたらジェイルに入るかもしれないけど、それは数ヶ月のことで、たいした罪にはならないって言ってた。あんなにいい子のモハメドでさえ、自分の奥さんになる人が処女じゃなかったら、それがわかった時点で殺しはしないけど、離婚するって言ってた。私、イスラム圏に生まれなくてよかったー!と心の底から思ったね。彼らからしたら、先進国のほとんどの女性がビッチに見えるだろうね・・・。私、シリアでは命ないわ・・・。こういう話を聞くとやっぱりイスラム文化、特にアラビアの国々の人と理解し合うのって難しいなって感じるのが本音だよね・・・。どうやったら、リスペクトしながら関係を保てるんだろうなー、それは課題だなと思った夜でした。

「生きながら火に焼かれて」に興味のある方はどうぞ読んでみてくださいまし~

 I managed to talk with Muhammed during short break of German language school. I was very worried about him, his family and Syrian because I...

 I managed to talk with Muhammed during short break of German language school. I was very worried about him, his family and Syrian because I saw the news that tons of Kurdish Syrian people refused to Iraq few days ago. It said “President Assad has killed lots of citizens with bombs and chemical gas”.
 Muhammed told me that no one was interested us neither no one helped us though Baschar was doing the same thing as Hitler. I'd never heard that he said in this way. His word was sharp and it hurt me. I keep posting about Syrian civil war on Facebook. But, so what? I just posted it. That's all.  Did I think every my friends would be interested in it? Posting something on Facebook or liking is nothing. But fortunately, my sister and very close friends said they felt Syria much closer than before. That helped me a lot. Thank you all for your support all the time.

What can I do for them? I know pray is important but it can't help people all the time. They need food, they need bed, they need water....To keep writing is one of them for me. I know it's tiny tiny thing but it's much better than indifference at least.

今日学校でモハメドに会って15分の休み時間だけ話した。クルド系シリア人が大量にイラクへ避難ってニュースを何日か前に見たから。
「アサド大統領がガスや爆弾を使い、市民を殺している」
ニュースでもそう言ってたし、モハメドもそう言ってた。(モハメドは“バッシャール”とアサド大統領のファーストネームで呼んでたけど)。
「バッシャールはヒトラーのようなことをしてるのに、世界は誰も僕達に関心がないし、僕達を助けてくれない」
いつもそんなこと言ってなかったのに、今日はそういう風に言われてすごく胸が痛んだ。FBにシリアのことをアップしたところで、私の本当に仲がいい人以外で誰か関心を持ってくれたんだろうか?私はめったにパブリックで投稿したりしないけど、今回はあえてパブリックで投稿した。いいね!をつけてくれた人の友達も興味を持ってくれたらいいなって淡い期待を込めて。大勢の人が関心を持ってくれたわけじゃなかったけれど、親友や姉が「シリアを近くに感じる」って言ってくれたことに心が救われた。ありがとう。
そしてね、シリアの問題ってすっごく根深いってこともようやく今日になって理解した。話が複雑すぎて、モハメドが英語でうまく説明できなかったから私もすべてを理解できたわけじゃなかったけど、「誰も助けてくれない」って思う背景には、アメリカが絡んでると彼は思ってるみたい。そしてたぶん他のシリア人も・・・。私は国連でシリア救済案を通そうとしても、ロシアと中国が拒否権発動して案を骨抜きにするからシリアが今あんな状態だと思ってたけど、それも少し違うみたいで・・・。というか少なくともシリア人はそう思っていなくて、「アメリカはイスラエルを気にして、シリアを助けられない」的なことを言っていた。私が中国とかロシアの名前を出してみても、はぁ?みたいな雰囲気だった。むしろ「ロシアと中国は自分達を助けようとしてくれてる」みたいなことを言ってて、私の頭は大混乱。イスラエルを気にしてシリアを助けられないのであれば、イスラエルに頭が上がらないドイツなんててんでだめってことよね・・・よくわかってないけど。日曜にまた会うから詳しく聞いてくる。

しかもインターネットにも「極悪のアサド大統領VS善良な一般市民というわけではない」と言うことが書いてあって、もう全然わからなくなってきた・・・。そういう詳しい話は専門家に任せます。
私は、こういうちょちょこしたアップデートを続けていければいいのかな。本当に小さな力だけど・・・

I haven't updated this blog these days because I've been working online job and quite busy... Yes. It's absolutely an excuse. I ...

I haven't updated this blog these days because I've been working online job and quite busy... Yes. It's absolutely an excuse. I was just lazy. I know I should update more often even though nobody read my blog..
 I went to have a cup of tea with my Syrian friend who I met in the German language school. We wanted to go and chill out in Treptower park but it was raining and gave up. We ate Kebab in Ostcreuz at first and end up to Neukölln to smoke Sheesha.
 It's disorganized but let me talk about side story first. My Syrian friend and I were invited to the birthday party of our Germany language school teacher. There was quite los of nationalities from all over the world. Some of them were from Cameroon and others were from Ethiopia, Spain, Mali,Bolibia and Germany.  I met a man from Cameroon and he asked me where I am from. I answered “Ich bin aus Japan(I'm from Japan)”.  This was quite normal question, I don't say anything so far. Will anyone guess what that his next word to me?
The answer was “What is your opinion regarding Nuclear accident in Japan?”. 
Second word to me! He continued talking regarding that subject. “I have no idea why Japanese people still live in Japan where is so dangerous. Blah blah blah...”
 I have been asked such questions by many people since I came to Germany. I know it's important to think and discuss about and find a solution. But..you know, should it be given to me in this way? I'm sure I would answer or explain it when people ask me the same questions if they ask me correctly.  I don't know what is correct way or not though...

 He gave a question to my Syrian friend regarding Syrian civil war as soon as he found my friend came from Syria.The other friend of mine and I looked at each other because we know that topic was complicated and sensitive. My Syrian friend's face showed complicated feeling, at least I felt so. The other friend of mine made topic change naturally to help him and we talked about something another.

 I just felt that He didn't want to talk about this topic with someone new. So did I.  I don't want to discuss about the catastrophe of nuclear plant because it makes me very nervous.  

I had enough time to talk with my Syrian friend and asked him many questions about Syria today. He just didn't get what Cameroon guy asked him in English. So his smile came out in weird way. That's all, he said. But he also said to me that he doesn't want to talk about civil war very well. Because he saw how terrible things happened in Syria. When he starts to talk about his ,it reminds him bad memories.

 Well, let me introduce my friend little bit.  He has a very traditional Islamic name. He was born in Syria as Kurdish Syrian and raised there.  He always tries to help me at the class and always takes care of everyone. He is so nice. He majors in Pharmacy in his university. However, that civil war began and everything is dramatically changed. He decided to refuse from his country to Germany this year. I must say this is a very very very big diction. Now he is totally safe in Berlin. No bombs, no guns, no killers. He does not need to be scared any more. But he's always worried about his family and his study in university. His family stay in Syria.  
 He said that he had to pay 10,000 Euro to come to Germany. His family managed to pay it because Syria is too dangerous to live in or....just to walk around streets. So they wanted him to refuse.

 I knew that German government is very positive for refugees. I heard there are many refugees from former Yugoslavia in Germany. I always wish Japan could do the same thing to help refugees. It sounds really ideal country and responsible to the world not only own country.  But...I didn't know the refugees have to  pay about 10,000 Euro. It means only rich people can refuse to another country. Poor people cannot even refuse. It means,lives can be bought by money. Poor people only have a way to go to refugee camp in Turkey or Iraq with very poor condition,I've heard. Otherwise, they would be killed by bombs or chemical gas. I’m not sure if there is  another way to survive in currently Syria.

 After he told me this story, he tried to treat me for dinner. I think it was his custom but It totally made me cry. He paid 20 Euro even though I insisted I would pay for it, at least mine. He just smiled and said “Don't worry”. I said to him that I would invite him next time, I promised. This would be the most expensive 20 Euro in my life.

 I've been worried this Syrian civil war and sometime tried to updated because I really love the world history and wanted to go to Damascus someday. When I said to him about that, he was so pleased and smiled(And I love his smile!)
“Come to visit me to Syria someday. Syria is very beautiful!” .When he said so, I hold back my tears again. “When the war is over, please please come to Syria. I will be in Syria for sure. We have to wait for a while...”
 I just found that how much he loves his country and wants to go back there, where there is his dearest family and what he loves. It made my heart painful. Because, I always run away from my county and how different we feel to own country.

I will come to visit you in Syria someday. I promise.

I wish he and his family are all safe. I wish peace comes to Syria soon....
Just let me pray it for now.

 最近はおうちで仕事(?)ばっかりしていて、こっちのブログを書く時間がなかった。はい、言い訳です。ただの怠慢です。自分の記録のためにももっとちゃんとアップデートしなきゃ。
 今日は夕方から学校で知り合ったシリア人の友達とお茶をしました。本当は公園でChill outする予定だったけど、雨だったのでOstkreuz付近をぶらぶら。ケバブを食べて、その後シーシャ(水煙草)を吸いにNeuköllnへ。
 これに先立って、昨日ボランティアでドイツ語を教えてくれている先生の誕生日会に2人で行ったのだけれど、その時出会ったカメルーンのおじさんの話をしないといけない。その誕生会は本当にいろんな国籍の人がいて、ドイツ、ボリビア、カメルーン、エチオピア、スペイン、マリ、それから私達2人、シリアと日本。そのカメルーンのおじさんと挨拶を交わした後、出身国を聞かれたので「ヤーパン(日本です)」と答えた。そしたらそのおじさん、「原発についてどう思う?日本人がなぜ未だに日本に住んでるのかわからない」みたいなことを唐突に言ってきた。ドイツに来てその手の質問はたくさん受けてきたけど、出会ってすぐにその質問はないんじゃない?と思った。そして友達がシリア人だと分かるとこれまたすぐに内戦のこと言ってきた。私と、隣にいた友達のエチオピア人は顔を見合わせた。シリア人の友達は、複雑な顔をした。友達がすぐに話題を変えてくれたからよかったけど。
 あまり仲良くもない人に原発の話をしたくないように、彼も内戦の話をしたくなかったんだと思った。
 そして今日、2人でゆっくり話す機会があって、シリアのこともたくさん聞けた。実際、カメルーンのおじさんがCivil warと言った時微妙な表情をしたのは、単に英語の単語がわからなかったらしいけど、やっぱり初対面の人に内戦の話はしたくないって言ってた。自分はすべてを見てきたからって。思い出したくないこともたくさんあるからって。

 彼の名前はモハメド。The イスラム教な名前。とっても由緒ある誇り高い名前。彼はクルド人の両親の元、シリアに生まれた。ドイツ語がまったくわからない私をいつも助けようとしてくれるし、私だけじゃなくて、いつも他人を思いやれるとっても優しい男の子なの。
 まだ大学生でシリアでは薬学を勉強してたらしい。だけど戦争が始まって、ドイツへ難民申請が決まったときも、家族を残していくこと、それからいつか戦争が終わったら大学で勉強を続けられるのかそれだけが心配だったって。ドイツへの亡命には100万くらい必要で、家族が捻出してくれたと言ってた。シリアはもう安全には暮らせないから、彼だけでも逃げて欲しいって。
 ドイツが難民の受け入れに積極的なことは知ってた。ユーゴスラヴィアからの難民もとても多いもの。ただ・・・亡命に100万もかかるなんて知らなかった。それはお金を持っていない人は亡命すらできないってことだ。人の命はお金で買えるってことだ。貧乏な人は、戦時中のシリアで爆撃に晒されるか、トルコかイラクの劣悪な環境の難民キャンプに収容されるかしか道はないってことだ。亡命にもいろいろ種類があるのかもしれないけど・・・。その話をした後なのに、ご飯代を出そうとしてくれて、私は本気で泣きそうになった。あの20ドルほど、重いと感じる20ドルは今後ありそうもない。今度は私がおごるからね、とちゃんと約束して。彼は笑ってた。

 シリアの問題はずっと気になってて、ちょくちょくアップデートするようにしてた。世界史がとっても好きで、ダマスクスやパルメラはいつか行きたいと思ってたところだったから。それを彼に言うと、すっごく嬉しそうな顔をして、「いつか絶対に遊びに来てね。シリアはすっごくビューティフルなところなんだよ!」って言うから、これまた泣きそうになるのを堪えた。「いつか戦争が終わったらね。その時きっと僕はシリアにいるから。今は・・・無理だけど・・・」
彼がどれだけシリアを愛していて、帰りたいと思っているのか私は痛いほどわかって自分の一部がえぐられたみたいだった。私はいつも自分の国から逃げているのに。

いつかいつか必ず会いに行くからね。

彼と彼の家族が無事でありますように。戦争がはやく終わりますように。
今はそれだけ祈らせて。

 女の子だもん、コンプレックスっていろいろあるよね。もうちょっと身長が高かったらとか、鼻が高かったら、肌がきれいだったら、唇が厚かったら・・・とかいろいろ。  コンプレックスは山のようにありますが、その中でも私と眉毛の戦いは長い。思い返して見ても、間違いなく小学生の頃から眉毛が...

 女の子だもん、コンプレックスっていろいろあるよね。もうちょっと身長が高かったらとか、鼻が高かったら、肌がきれいだったら、唇が厚かったら・・・とかいろいろ。
 コンプレックスは山のようにありますが、その中でも私と眉毛の戦いは長い。思い返して見ても、間違いなく小学生の頃から眉毛が濃くて太いことに悩んでいたと思う。誰かに言われたわけじゃなかったけど、周りを見渡してみても私が一番濃かったと思い込んでいた。奇しくも世の中は、細眉ブームの時で、アムロちゃんが流行り出した頃。誰も気にしてなかったかもしれないけど、ちょうどその頃からファッションに興味持ち始めた頃だったからね。まー、眉毛がいやでいやで。
 今でもね、化粧において一番時間をかけるのが実は眉毛なんです。眉毛で顔ってかなり変わるからね。高校の時に「眉毛が気に入らないときは人生もうまくいっていないことが多い」って友達に言われたことがあって、半ばバロメーターにしているパーツでもあるの。

 ある日、私はお風呂場にある父親の髭剃りに多大なる関心を寄せた。小学5年生の初夏。母親の女性用の剃刀と違って無造作にお風呂場においてあったもんでね。どうしてもどうしても自分の気持ちに逆らえず、それを手に取って、眉毛を、じょりっ。形とか何も考えずにとにかく眉毛を細くしたかったの。写真がないからどんなんだったかまったく思い出せないけど、そりゃさぞかし細かったことでしょう。たぶん剃った箇所が青白くなってて、ヤンキーみたいだったと思う。でもね、鏡に映った自分の顔を見て、びっくり。いい意味で。これ、いけてるんじゃない?私ってかわいいんじゃない??みたいなね。
 実際にかわいくなったかどうかは別として、それってコンプレックスから解き放たれた瞬間だったと思うんだよね。あの瞬間の喜びって、コンプレックスを持つ女の子なら誰でもわかってくれると思う。
まぁ、その後で気づいた母親にこっぴどくしかられたけどね。
 でもコンプレックスから解き放たれることってやっぱり必要だと思う。私は眉毛といういじりやすいところがコンプレックスだったからよかったけど、これがいじりにくい場所だったらやっぱりすごく気になってたと思うもの。
 眉毛は細くすることで、クリアしたけど、なかなかクリアできなかったのが唇へのコンプレックス。これもまた、もう二度とやってきて欲しくないなと思うけれど、ここ10年ってヌーディーな口紅が流行ってたよね?私も流行りに乗っかりたくて、塗ってました、はい。でも私の薄く、小さな唇じゃ、どう考えても様にならなかったんだよね。アンジェリーナ・ジョリーくらいのセクシーな唇ならよかったんだけどさ。ある日、パリジェンヌに憧れて赤リップを塗ってみたの。フランス人とかイギリス人って唇薄いから真似してみたんだよね。そしたら、なんとも、意外にもいけるではないか!そこでやっと薄い唇に対してのコンプレックスから解き放たれたの。まぁ、今なら赤リップも市民権得てるけどね、私が塗りだしたのは5年くらい前だったから、「その口紅、ないわー」ってよく言われたよ。
でも塗ってた。自分の唇は濃い色が一番似合うと思ったから。
 
 結局おしゃれっていうのは、流行り廃りがあるものだし、それに流されるのも楽しいけどね、自分に合う合わないっていうのはあるわけだから、きちんとそれを知らない大惨事になりかねないと思う。私の細眉やヌーディーな口紅の色はやっぱり似合ってなかったと思うんだー。とは言え、太眉ブームも濃いリップも流行ってるし、それに自分が乗っかってるだけだとも思う。けど、元来の太濃眉、および薄い唇にとったら、これほど嬉しいブームはないわけでね。
 

 個人的には、2013年からはエリザベス・テイラーを目指していく所存です。この太眉がたまらない!!