今日、銀行口座の振込や残高などをチェックしていた時のこと。 何やら不審な引き落としが!!! そんなにたいした額ではないけれど、私の口座からお金をむしり取ろうとする不届き者は誰!!??とよくよく調べて見ると・・・ 泣く子も黙る某有名企業であった・・・・ なぜお金を...

今日、銀行口座の振込や残高などをチェックしていた時のこと。

何やら不審な引き落としが!!!

そんなにたいした額ではないけれど、私の口座からお金をむしり取ろうとする不届き者は誰!!??とよくよく調べて見ると・・・

泣く子も黙る某有名企業であった・・・・


なぜお金を引かれる理由があるのだ! いや、ない!

まずは即刻取引先銀行に電話をして、これがなんなのか調べてもらったけど、さっぱり心当たりがなく。



次はカスタマーサービスに電話をして調査を依頼。若い男性が対応してくれる。
私はドイツ語がまったくだめなので、英語での対応を希望する。
まずは、事情を説明。

私:「身に覚えのない請求が来たんだけど~。XXっていうサービス受けたって書いてあるんだけど、私、そんなサービス申し込んでないんだよね~」

CS(以下カ):「そっか~(カチャカチャパソコンのキーボードの音) で、君は子供いる?」

私: 「え?子供?(なんかわからないけど) ううん、私、シングルだよ」

カ:「Super!」 (ドイツ人たちがよく使う「すごい、素晴らしい」と意味。「わかった」という意味もある) 

スーパー!とは言ったものの、彼自身、何か自分でも察するものがあったらしく、

カ:「あ、いや、そういう意味じゃないんだ・・・。決してそういうつもりでは・・・」


と彼が言った瞬間、2人で大爆笑。日本だったら有り得ないよね、この感じ。 


カ:「いや、ほら、子供がいると子供が勝手にサービス入会してたってことがあるじゃない?」

私:「大丈夫、わかってるから 笑」

カ:「今調べるから、メールアドレス教えてくれる?」

私:「もちろん!えっと、Charlie のCに、OrangeのO、アット ジーメイルだよー」

カ:「え?もう一回言って? コカコーラのCに、オバマのO??」 

私:「アメリカか!」

と心の声は置いといて、冷静に(笑いながら)回答。 


この会話を交わした後、「じゃ、電話切った後メール送るから、それにオンラインバンキングの明細のスクリーンショット取って返信してね~」

と、始終ゆるーい感じで電話を終了。 数分後にメールが来たので、それに返信。

長くなったけど、ここがポイント!

ドイツ人にメールを送る時は、
・要点をクリアに!
・とにかくロジカルに!

ダイレクトさが命の彼らなので、下手な説明をすると「で?ポイントは?」と普通に聞かれるので、
二度手間にならないためにも、一度の説明ですべてを終わらせる気持ちで説明することが大切。

もちろん、ほとんどの場合は終わらない、残念ながら。 
(そしてドイツ人の苦情メールは意外とながったらしいメールだということも知っている。) 

それで、ビジネスメールのようなメールを送り付けた次第であります。
早く解決するといいなぁ。 


しかしながら、生活をするとは日々トラブルに巻き込まれることよ・・・。
そして人間は強くなるね・・・。 

ちなみに、夏にクロアチアに行った時の航空券代金は未だに返金ならず。
メールをストーカーのように毎日送ってたけど、完無視。

いや、あれはスペインの会社だった。まぁね・・・ドイツ式メールは効果発揮しないよねぇ。

**この問題は、解決しました!** 

I like rain. When I am waiting for rain stop, lot of memories recall Suddenly. I like these nostalgic feelings. Not bad.#Berlin #Germ...

12星座【限界突破力】ランキング 蠍座はギリギリ命の瀬戸際で驚異的なパワーを発揮! | i無料占い 先日なにげなく見つけたこの12星座にまつわる記事。 その名も「12星座限界突破ランキング」、12星座の中で最も試練に立ち向かう星座をランキングしたもの。...



先日なにげなく見つけたこの12星座にまつわる記事。

その名も「12星座限界突破ランキング」、12星座の中で最も試練に立ち向かう星座をランキングしたもの。

私はその結果があまりにもその通りで大爆笑(個人的に) 

自分の星座・蠍座は堂々の一位!まぁ蠍座ってこういう立ち位置だよね・・・と自分でも納得。

しかしそれ以上にとても気になったのが二位の牡羊座。

抜粋すると

第2位 牡羊座……牡羊座の辞書に限界の文字はない!
 牡羊座の場合、そもそも「もうダメだ」とは思わないのです。どんなときもなんとかして前に進みます。倒れるときも、前のめりです。「限界なんてものは、気持ちが作り出しているんだ!」というのが牡羊座の考え方です。けれど根が単純なので、押してダメなら引いてみるとか、駆け引きとか取引といったことは苦手です。まっ正面から力勝負で立ち向かいます。相対する敵が大きく強いほど、牡羊座の闘争心が燃え盛るのです。仕事でも恋愛でも、限界を超えるたびに、たくましく強くなっていきます。」
これを読んだ瞬間、私はこれまでの30年以上の自分史で、とある一つのことに納得した。
「牡羊座=私の母」 
だから、うちの母はあんなにも前向きな人だったんだ!!
母はとにかく前向きな人で、「えみちゃん、前を向きなさい」とよく私に言ってきかせていた。
ポジティブと言えばポジティブだけど、もはやポジティブという言葉すら超越して、ひたすら「前へ」と進もうとするのが私の母。ポジティブでもネガティブでもどっちでもいいけど、とにかく前へ!という性格の持ち主の人なのです。 
以前、ブログにも書いたことがあるけれど、
「転んだら、ただでは起きるな!」というのは母の言葉。
「そうは言ってもお母さん、人間、前に進みたくない時だってあるよ・・・。今は後ろを向かせてよ・・・」と私は思うことがあるけれど、「前に進まなかったら、意味ないじゃん?」的な母の言葉で最終的に私たちはいつも救われている。 
小さい頃、バックでの駐車が下手な母に父は「ここをこうやって、こうしたらバックでもスムーズに駐車できるよ」と助言した。そしてその時母が言い放った一言。
「私、前向きやけん、後ろは振り返りたくなか!」

「いやいや、母よ」と家族みんなが思ったけれど、すべてを受け入れる蟹座の父は、母がこういう態度に出ると、沈黙で寛容を示す。私は、子供ながらに、「そんな突破の仕方があるんだ・・・」と目から鱗がポロリと出たものだ。 
数年前、母と話していたら母がこんなことを言い出した。
「お母さんね~、とにかく「前へ」って言葉が好きやんね~。やけん、お母さん提案があると。お母さんが死んだら、戒名には“前”という言葉を入れて欲しか」
か、かいみょう?(死んだ時にお寺から頂くアレのことね。誕生日に縁起でもないけど) 

戒名に「前」って・・・。死しても尚、前向き!! 
やっぱり「倒れる時も前のめり」。 
そういうわけで本日は彼女の誕生日。おめでとう、お母さん。
いつまでも元気でいてね。
ちなみに、牡羊座の星座の形は「後ろを振り返っている羊の姿」。
2人の子供を背中に乗っけて前だけ見て爆走していたら、なんと一人の子供を落としてしまったのだそう。その瞬間、“はっ!しまった!!!”という姿が星座になっているらしい。おもしろい!

Yesterday♥ #Berlin #Germany #sky #sunday Emi Ogataさん(@emiinberlin)が投稿した動画 - 2016 3月 27 10:41午前 PDT

Yesterday♥

#Berlin #Germany #sky #sunday

Emi Ogataさん(@emiinberlin)が投稿した動画 -

土曜から日曜にかけてとても天気がよかったベルリン市内。 天気がいいと、「外に出なくては!光を浴びなくては!」というほとんど強迫観念にも似た衝動に駆られて、公園でピクニック。 皆同じことを思うのだろう。こういう日のベルリンは「人が涌...








土曜から日曜にかけてとても天気がよかったベルリン市内。

天気がいいと、「外に出なくては!光を浴びなくては!」というほとんど強迫観念にも似た衝動に駆られて、公園でピクニック。

皆同じことを思うのだろう。こういう日のベルリンは「人が涌く」。 

ピクニックの予定だったけれど、最終的に曇ってきたので近くのカフェへ場所を移そうとしたところ、気がついた。

「時計がない!!」

しかもその時計、7年前に亡くなったおばあちゃんの形見・・・。 

もしかして家に置き忘れたということも考えられるし、あわてふためいてもしょうがないので、とにかく家に帰ってから探すことに。

机の上を見ても、いつも置いている場所を見ても、見当たらず・・・


駅まで歩いて見たけど、見当たらず・・・

バンドが切れた?穴にきちんとささってなくて歩いてるうちに落ちた??
しかも音楽聴いてたから落ちても気がつかなかった・・・くすん。 


私は不幸なことが起こった時はなるべく「不幸中の幸い」を見つけるようにしているので、
「このおばあちゃんの時計は、自分がつらい時いつも一緒にいてくれた。
今無くなるということは、おばあちゃんが“もう大丈夫だよ”と言ってくれてるということかも」
と思うことにした。

そっか、そっかおばあちゃん、そういうことなんだね・・・私はがんばって生きて行くよ・・・

と話を収束に向かわせようとしたところ、ふと思った。 

いや、だが、待て。

うちのおばあちゃんは、世間知らずな人だった。
佐賀から一度も出たことがないのに、こんなベルリンなんて異国の地で彼女を一人にしてしまった。


と考えが至り、なんだか祖母をベルリン市内で迷わせたような変な気分になってしまった。

こういう考え、「念が宿る」って考えはやっぱり日本的なんだろうなぁとふと思い、これもまたいつか書いてみたいテーマだなと思ったのでした。メモメモ。 


せめて善い人が拾ってくれますように!おばあちゃん、ごめん! 



最近、もはやアデルが嫌いだ。  去年なんてHelloが至るところで流れていた。もうさ、やめてくれないかな~ アデルはこの曲で何人の人を泣かせたんだろう。 男性が未練たらしい曲を歌うのは想定の範囲内だけど、女性はいかん。 あんな悲しいHow are you?ってある?...

最近、もはやアデルが嫌いだ。 

去年なんてHelloが至るところで流れていた。もうさ、やめてくれないかな~

アデルはこの曲で何人の人を泣かせたんだろう。
男性が未練たらしい曲を歌うのは想定の範囲内だけど、女性はいかん。

あんな悲しいHow are you?ってある?
中学1年生で習うようなこんな一文、今まで死ぬ程口にしてきたけど、
このhow are youはいかん。 

元気かな、元気だといいな、でも今はもうそれさえ聞くことはない、とでも言うようなね。 

もうさ、こんな悲しい曲歌わなくてよくない?!?と私は怒りすら沸いている。 
そしてまた、PVのアデルの元恋人役の人のしがなさがこれまたなんとも言えない味で。 

そしてHelloの次は、When We Were Youngって。 
これもまた泣かせようとして!


そして極めつけは、The BRIT Awards 2016   よ!
アデルがBRITs Global Success Award  に輝いた時のこと。

もうね、もらい泣きしてしまうよ!!

これね。 




そりゃぁこの人の曲を何回も聞きたいって思ってしまうよね。その結果18年ぶりにオアシスの記録も破られてしまうよね。


結局アデルが大好きだってことね!