71 years ago today WWII end here in Germany.  昨日今日とベルリンは信じられないくらいの快晴で、5月もまだ半ばだと言うのに夏日だった。 午後shöeneberg を歩いていたら、つまづきの石の側に白い薔薇...


         71 years ago today WWII end here in Germany. 

昨日今日とベルリンは信じられないくらいの快晴で、5月もまだ半ばだと言うのに夏日だった。

午後shöeneberg を歩いていたら、つまづきの石の側に白い薔薇が手向けてあるのを見つけた。

後から気づいたけれど、今日はドイツの終戦記念日だった。

この金色の石はつまづきの石と呼ばれていて、ナチによって迫害された人たちの情報が刻まれている。
一人一人の名前と、ナチの迫害による強制国外退去の年とその後の消息が書かれており、その人が昔住んでいた家の前に埋め込んである。本当におびただしい数のつまづきの石がベルリン市内に存在する。悪名高きアウシュビッツという表記も見ることもあれば、遥か彼方の上海という表記を見ることもある。

歩いていてこの石を足元に見る度に、私は今でもはっとして、顔を上げてしまう。そして彼らが住んでいただろう場所をじっと見てしまう。

その場所で起こった70年以上前の狂気と、ナチの迫害以前の彼らが過ごした平穏な時間の両方が見えるような気がして。

あの過ちを2度と繰り返さないように、この石は埋められている。


忘れそうになったら、この石でつまづくように。つまづく度に、思い出すように。 

‪#‎berlin‬ ‪#‎germany‬ ‪#‎8thofmay‬ #1945 ‪#‎theanniversaryoftheendofthewar‬